季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
霧の流れる川

霧の流れる川

作: 岡田 依世子
絵: 荒井 良二
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,540

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1998年
ISBN: 9784062092500

出版社からの紹介

50年以上前のあの戦争はもうぼくたちに関係ない遠い過去のことだろうか?

どこからともなくカナの目の前にあらわれて、「ほらあな、しらないか」と消え入りそうな声でたずねた不思議な少年。やせおとろえてぼろぼろの衣服を身につけ、日本語もおぼつかない少年がさがすものは――。

ベストレビュー

今住む村で起こった強制労働

「夏休みに、翡翠をさがしに」を読んで面白かったので借りたが、中国人強制労働の話だった。おぉぉ、そんな話だったとは。

まず舞台となる田舎村がめちゃリアルに思い浮かんだ。これは田舎を知っている人の作だ。たまに感傷だけで田舎を書く人がいて残念である。
そしてその自分の村で起こった強制労働の過去。
大人たちがこぞって口を閉ざし隠しているわけ。

シンプルな”事実”だけでなく、祖父世代、親世代、自分たち、それぞれの思いも描かれていて、祖父世代にも納得がいくし、親世代にも納得がいく。
語り部が途絶える前に、私たち自身が調べることも必要ではないだろうか。
爆弾を落とされたり日本はやられてばかりだったわけではない。児童書だけど、こんなひどいこともしていたんだよと、エグさだけを押し出さず冷静に語る貴重な物語。
どうして戦争はいけないのか。
やられるからいけないのではない。戦争教育といえば特攻隊や原爆で恐怖だけを植え付ける今の教育に疑問を感じる。日本も他国に対して戦争を仕掛けていたのだ。
仕掛けたことにも傷ついたのだ。人を傷つけたことに傷ついた。
この事実をどうやって伝えていくか、決してなかったことにはできない。

易しく書いてあるが、事実はそのまま込められている。
繊細な心がわかるようになる中高生が読んでもいいと思う。良い本だった。
大人が読むなら、もう少し突っ込んで読後掘り下げてもよいだろう。
人権作文や夏休みの読書感想文にも良さそうです。
(てぃんくてぃんくさん 40代・せんせい 女の子14歳)

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話

岡田 依世子さんのその他の作品

わたしたちの家は、ちょっとへんです / 夏休みに、翡翠をさがした / 怪獣イビキングをやっつけろ! / トライフル・トライアングル / ぼくらが大人になる日まで

荒井 良二さんのその他の作品

こどもたちは まっている / あいうえおさん / まよなかのくしゃみたいかい / きょうのぼくはどこまでだってはしれるよ  / 水の絵本 / まめしば



4月の新刊&オススメ絵本情報

霧の流れる川

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット