ロングセラー
ぴよちゃんとひまわり

ぴよちゃんとひまわり(学研)

道徳の教科書にも掲載されている、命を慈しむ心をはぐくむ絵本です。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

がまくんとかえるくんができるまで アーノルド・ローベルの全仕事

がまくんとかえるくんができるまで アーノルド・ローベルの全仕事


出版社: ブルーシープ

税込価格: ¥2,750

「がまくんとかえるくんができるまで アーノルド・ローベルの全仕事」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年01月16日
ISBN: 9784908356209

215mm×154mm 256ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

絵本作家 アーノルド・ローベル(1933ー1987)を知っていますか?かえるくんが親友のがまくんに手紙を送る「おてがみ」というお話を、国語の教科書で読んだひとも多いかもしれません。
『ふたりは ともだち』からはじまる「がまくんとかえるくん」全4冊のシリーズは、誕生から半世紀が経ったいまも世界中で愛されているロングセラーです。ローベルはほかにも、『どろんこ こぶた』や『ふくろうくん』など、ユーモラスであたたかな100冊以上の絵本を世に送りだしました。
ローベルはニューヨークのブルックリンに暮らしました。音楽を聴きながら午前中は絵を描き、午後はお話を書き、夜は家族4人でたくさんおしゃべりをして過ごしたといいます。ねこやねずみやへび、がまがえるなど、さまざまな生き物を飼っていました。映画や舞台を観にいくことが好きで、家ではテレビを観ながら刺しゅうをしていました。大声で歌いながら食器を洗い、そうじが大好きで、そしてなにより、仕事をこよなく愛していました。ふたりの子どもたちは、一緒にいて楽しい人だった、と語ります。
チャーミングな人柄で親しまれたローベルのこと、そして彼が残した絵と物語の数々を、現存する貴重な原画やスケッチなどを通して紹介する日本初の展覧会が、2021年1月から全国を巡回します。本書は、展覧会図録として図版や解説を収めながら、ふたりの子どもたちが父の素顔を語るロングインタビューや、 ローベル作品を深く理解し愛する日本語版翻訳者・三木卓さんの解説を収録した、決定版の一冊です。

ベストレビュー

かえるくんよりはがまくん、がまくんよりふくろうくん

アーノルド・ローベルのがまくんとかえるくんのお話が大好きなので、こちらの本でこのお話ができた背景などをもっと詳しく知りたいと思い、手に取りました。
「がまくんとかえるくん」シリーズの他にも、『どろんここぶた』『ふくろうくん』『いろいろへんないろのはじまり』などなど、ローベルは本当にたくさんの名作を手掛けているんだと改めて感じます。まだまだ読んだことのない作品もたくさんありました。
ローベルは誰でしょう?という娘さんと息子さんの会話を元にしたコラムも面白かったです。ローベルは「かえるくんよりはがまくん、がまくんよりふくろうくん」なんだそうです。


(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子17歳、女の子15歳、男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ



絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 写真・工芸 > がまくんとかえるくんができるまで アーノルド・ローベルの全仕事

舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」公開記念インタビュー藤原竜也さん

がまくんとかえるくんができるまで アーノルド・ローベルの全仕事

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット