話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
池田菊苗【うま味の素「グルタミン酸」発見】

池田菊苗【うま味の素「グルタミン酸」発見】

  • 児童書
著: 清水 洋美
絵: 里見 和彦
出版社: 汐文社

税込価格: ¥1,760

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年03月10日
ISBN: 9784811327365

小学高学年
160ページ

出版社からの紹介

子どもたちに身近なテーマですぐれた研究を行った、児童書初登場の科学者にスポットライトをあてた伝記シリーズ。
昆布を煮つめ、「日本の十大発明」の一つといわれるうま味成分「L-グルタミン酸ナトリウム」を発見した
池田菊苗の生涯と研究にせまります。

ベストレビュー

このシリーズはわくわくします

はじめて読む科学者の伝記シリーズの中の中の一冊。このシリーズの中谷・牧野と読んできましたが、どれもわくわくしました。

好きな勉強をし続けて道を究めたという話が元々好きなのだろうと思います。

今や伝記というと漫画伝記が主流ですが、このシリーズは漫画でない伝記の本という要望に応えて作られたということで、子どもたちに読みやすい工夫がいくつかなされています。

たとえば、菊苗新聞という知られざるエピソードの中には、『吾輩は猫である』を読み聞かせをし、セリフは声色を変えてしていたというお茶目な話が載っています。

『吾輩は猫である』というと、夏目漱石。なんと菊苗は、夏目漱石と親交があり、イギリスで会っているのです。

私からすると、意外な人同士が結びついていたということで、菊苗が身近に感じられました。

味の素を作ったのが菊苗ですが、菊苗の大学での授業の板書スピードがとても速くて、学生がついていけなかったという話も驚くべき内容なのです。
そのエピソードはイラストでもわかりやすく描かれていて、その場に居合わせて見て見たかったと思いました。

また、改行をしたり、文章と文章の間に余白をもうけることで、伝えたい言葉がより伝わってきたり、文字がいっぱいで子どもたちが読む前から難しそうだと思わないような工夫もされているように思います。

まだ猿橋勝子は読んでいませんが、今から読むのが楽しみです。
(はなびやさん 50代・ママ 男の子19歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • やきいもの日
    やきいもの日
    作・絵:村上 康成 出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
    秋のにおいが鼻の奥いっぱいに広がる、〈ようこそ自然へ〉シリーズ、秋の本。

清水 洋美さんのその他の作品

猿橋勝子【女性科学者の先駆者】 / 中谷宇吉郎【雪と氷の探求者】 / 牧野富太郎【日本植物学の父】 / ずかんプランクトン


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 伝記 > 池田菊苗【うま味の素「グルタミン酸」発見】

松嶋菜々子さんの朗読で楽しむJ.K.ローリング書き下ろし童話『イッカボッグ』

池田菊苗【うま味の素「グルタミン酸」発見】

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット