話題
バムとケロのカレンダー2021

バムとケロのカレンダー2021(文溪堂)

今年もバムとケロのカレンダーが出来ました!

新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
きいろいのはちょうちょ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きいろいのはちょうちょ

  • 絵本
作: 五味 太郎
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1983年02月
ISBN: 9784033380100

対象年齢 5・6歳から

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

「きいろいのは ちょうちょ」

だって、そうでしょ。どんなところにいたって、目に飛び込んでくる黄色くてフワフワしているものと言えば。ほら、ここにもきいろいの!

「…あれ、ちょうちょじゃない」

男の子が思いっきり振りおろした網の中から出てきたのは、黄色いお花。でもでも、やっぱり「きいろいのはちょうちょ」のはず。今度こそ!

「あれれ?」

きいろいのはちょうちょ、どうしたってちょうちょ…のはずなのに!?


ちょうちょを捕まえようと、網を持って追いかける男の子が主人公のこのお話。絵本の中に登場するのは、きいろくてフワフワして羽がふたつあって。読者だって思うのです。「あ、ちょうちょ見つけた!」ところが、ページをめくってみると…そこにいたはずのちょうちょが違うものに変わってる!きいろいけれど、ちょうちょじゃない。おかしいな、確かにいたと思ったのに…。

この繰り返しで進んでいくのですが、最大の魅力は「穴あきしかけ」になっているというところ。ちょうちょだと思っていたものは、じつは穴になっていて、めくれば全然違うものに変身している! 同じ色なのに、こんなものに!? 同じ形なのに、こんな見せ方があったか! パズル的な要素もあって、バツグンに楽しめるめくりしかけ絵本。

「ちょうちょだと思っているそれは、本当にちょうちょなのかな?」

絵本の中から、作者・五味太郎さんのいたずらっぽい声が聞こえてくるようですね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

きいろいのはちょうちょ

出版社からの紹介

ちょうちょ! と思って網をかぶせると意外や意外、花や木の実や風船で失敗また失敗。蝶の形の穴あきしかけでめくる楽しさ抜群!

ベストレビュー

繰り返し読みたい絵本です。

主人公の男の子は、”きいろい=ちょうちょ”と思い込んでいる可愛い子です。

”きいろい=ちょうちょ”のつもりで色んなきいろい物の、確保にチャレンジしますが、どれもちょうちょじゃありません。
”きいろい=ちょうちょ”が思い違いだと、現実を知り、最後は諦めますが、そこには・・・・きいろいちょうちょ・・・。

4歳児(娘)ぐらいになると、”きいろい=ちょうちょ”の概念がないのか、最初は不思議そうに見ていましたが。
2回目以降は、黄色の物が世間にはたくさんあって、それがちょうちょに見えたり、見えなかったりがとてもおもしろい事だと感じたのか、とても気に入って、「ちがうよねぇ〜」っと笑いながら読んでいました。

想像力が豊かになりそうな、五味太郎さんの素敵な絵本です。
(ラテ子さん 20代・ママ 女の子4歳、女の子2歳)

思考と創作の秘密を詰め込んだ永久保存版。『五味太郎絵本図録』五味太郎さんインタビュー

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


五味 太郎さんのその他の作品

そらとぶガムガム / 特別版 らくがき絵本 えんぴつ付セット / とりあえずまちましょう / 紙芝居 いっぱい ついてる! / とりあえずありがとう / 五味太郎 おでかけすごろく[上製版]


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > きいろいのはちょうちょ

ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

きいろいのはちょうちょ

みんなの声(115人)

絵本の評価(4.61

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット