新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
ロングセラー
じっちょりんのあるくみち

じっちょりんのあるくみち(文溪堂)

春のみち、下を向いて歩くのが楽しくなる絵本。

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
まるのみ へび
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

まるのみ へび

  • 絵本
作: 花田鳩子
絵: 植垣 歩子
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2021年04月28日
ISBN: 9784477033778

A4変型判 32ページ

みどころ

野原の大きな木の下に住む、大食いのへび。
口はほら穴みたいに大きくて、お腹はまるで、まるたんぼう。
いつもお腹をすかせ、なんでも丸のみにしてしまうんですって。

まず、やってきたのはかえる。
「わたしを たべるき?」「もちろんさ」と、へびは、ちょっぴりこわい目つき。
「わたしは〜 とっても〜 いそいでいるのよ〜♪」とかえるが歌っているけどお構いなし。
ひとくちでぱくっと丸のみに。
すると……おやおや?
へびのお腹の中から、声が聞こえてくるんです。

「ああ、もうっ! これから かえるがっしょうだんに うたを おしえに いくところだったのに!」
どうやら、かえるは歌の先生だったみたい。
お腹の中で発声練習をはじめ、思わずへびも一緒に「ア〜ア〜ア〜♪」。
大声を出したそのひょうし、へびの口からかえるはぴょーんと飛び出して、かえる合唱団の指揮をはじめてしまいました。

すごすごと「あんなちっぽけなやつを食っても腹いっぱいにならないし、いいさ」と負け惜しみを言いながら引き下がるへび。
お次はぶた、そしてうさぎと、出会ったものをこの調子で丸のみしていくのですが……。
いったいどうなるのでしょう?

「ぼくを たべるき?」「もちろんさ」
「あたしを たべるき?」「もちろんさ」
繰り返されるへびと生き物たちのやりとりが楽しい!
「きみに たべられてる ひまは ないんだ」
「あたしを たべるの、きょうは やめておいたほうが いいとおもうけど」
なぜ生き物たちはそんなことを言うのか、ユーモラスなおはなしの続きをお楽しみに。

“丸のみ”のおもしろさを生かした花田鳩子さんのおはなしは、会話文のリズムが楽しく、読み聞かせにぴったりです。
植垣歩子さんが描く生き物たちの、生き生きしたやさしい線と色、親しみやすい世界観も素敵です。
最初はこわそうだったのに、だんだん、ちょっぴりまぬけで憎めないへびに。
困惑した顔は気の毒だけど笑っちゃうのです。

物事のつながりがわかるようになってきた、2〜4歳くらいの子どもたちにちょうどいいおはなし絵本。
描かれた絵と会話から、その先の展開を予想しつつ、子どもたちと一緒に楽しんでくださいね。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

野原に住んでる大きくて大食いのへび。そこへやってきたカエルをまるごとパクリとのんじゃった!?次々にやって来る生きものたちをつぎからつぎへと飲み込みますが…!?予想以上の展開に思わず大笑いしてしまう、まぬけでにくめないへびの物語。読み聞かせで受けること間違いなしの1冊です!

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


花田鳩子さんのその他の作品

ぼくの席がえ / サイアク! / わすれものチャンピオン / ちょっとだけタイムスリップ / ふでばこの中のキョウリュウ

植垣 歩子さんのその他の作品

おばけとかくれんぼ / ロサリンドの庭 / カラスてんぐのジェットくん / とうもろこし つぶこさんの へんしんサロン / わらしべちょうじゃ / どろん ばあ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

まるのみ へび

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット