新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ
新刊
かぞえるえほん おやすみわんちゃん

かぞえるえほん おやすみわんちゃん(偕成社)

みんなでいっしょに数えてかわいい、おやすみ前のわんちゃんの絵本。

  • かわいい
  • ためしよみ
あきらがあけてあげるから

あきらがあけてあげるから

  • 絵本
作: ヨシタケシンスケ
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,100

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

「あきらがあけてあげるから」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2021年04月13日
ISBN: 9784569789934

3〜4歳から
B5変型上製/48ページ

出版社からの紹介

みどころ

子どもの「あるある」をユーモラスに描いた『おしっこちょっぴりもれたろう』『なつみはなんでにでもなれる』『わたしのわごむはわたさない』に続く、大人気作家ヨシタケシンスケさんの新作絵本です。

「くやしい。ボクはくやしい。ボクはチョコがたべたいんだけど、このふくろ、あけにくいんだよ。」
お菓子の個包装を自分で開けられないあきらくん。
今は小さいからお母さんに開けてもらうけれど、大きくなったら、自分のものも、みんなのものも、ぜーんぶあけてあげたいと夢みます。
小さい子の憧れは、とても身近にあるのですね。

「カパッ」「キャパッ」「ピリッ」「プシュ」
物が開いた時のリズムカルな音は、どれもスカッと気持ちいい。
ついつい声に出したくなるオノマトペを、たくさん味わうことができます。

男の子二人のお父さんでもあるヨシタケシンスケさん。
お父さんの顔を垣間見れるシーンもあります。
あきらくんがおとうさんに「あけて」とペットボトルのジュースを持ってきます。
なんだかうれしそうなおとうさん。
「おとうさんは あけるのすきなの?」というあきらくんの素朴な疑問に答える姿は、優しく愛情にあふれ、ちょっぴり切ない気持ちも感じることができます。
「おとうさんのあけかた」もユーモアたっぷり。
この絵本を、おとうさんが子どもに読み聞かせてあげるというのもいいですね。
きっと親子でにっこりできますよ。

実は絵本の中に、姉妹本の主人公たちを見つけることもできるんです。
「もれたろう」「なつみ」「わごむちゃん」がページのどこかに登場します。
出会えた時のうれしさは格別。
みなさんも、ぜひ探してみてくださいね。

(出合聡美  絵本ナビライター)

あきらがあけてあげるから

あきらがあけてあげるから

出版社からの紹介

くやしい。ボクはくやしい。
ボクはチョコがたべたいんだけど、このふくろ、あけにくいんだよ。

ボクはまだちっちゃくてちからもよわいから、このふくろはあけられないんだ…。

でも、もうすこしおおきくなったら、ボクはきっとなんでもあけられるようになるとおもうんだ。
じぶんのぶんもみんなのぶんも、ぜーんぶあけてあげたい。
あきらがあけてあげるから!


どんなものでもあけられるって、なんだか楽しい!
夢が広がるヨシタケシンスケのユーモア絵本。

ベストレビュー

子どもの心の内が描かれています。

ボクはチョコが食べたいんだけど、この袋、開けにくいんだよ。まだ小さくて力も弱いから、袋があけられないんだ。でも、大きくなったら「なんでもあけるやさん」になって、みんなの代わりに、あきらがあけてあげるんだ!とまさに、今4歳の娘にぴったりの内容だなあと思いました。ヨシタケシンスケさんの本はどれも子どもの心の内を上手に描いていて、共感するものばかりです。
(ぼんぬさん 40代・ママ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • やきいもの日
    やきいもの日
    作・絵:村上 康成 出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
    秋のにおいが鼻の奥いっぱいに広がる、〈ようこそ自然へ〉シリーズ、秋の本。

ヨシタケシンスケさんのその他の作品

楽しみ方リーフレット付き It Might Be an Apple イギリス版 / どうしちゃおうボックス / かもしれないボックス / トーマス・マン ショートセレクション 道化者 / 大人も知らない? ふしぎ現象事典 / あんなに あんなに


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > あきらがあけてあげるから

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

あきらがあけてあげるから

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット