話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
ぐるぐるうごく しましまぐるぐる

ぐるぐるうごく しましまぐるぐる(学研)

赤ちゃんはうごくものが好き!累計250万突破の大人気シリーズから待望の新刊登場!

  • かわいい
  • ギフト
ぼくのふしぎな力

ぼくのふしぎな力

  • 絵本
作: ジム・ラマルシェ
訳: 藤本 朝巳
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年05月08日
ISBN: 9784776409847

小学中学年
284mm×234mm 26ページ


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

みどころ

漁に出る船を見送る、ひとりの少年。
彼の名前はダニエル。

「ねずみくーん、大きくなったら、きみもつれていくよー」

船に乗ったパパが、そういって沖に向かいます。
ねずみくん、なんて呼ばれるのは嫌い。ぼくは、もう大きいのに!

そんなある日、ダニエルに不思議な力が宿ります。
はじめはほんのちょっとした違和感。
ちっちゃなクラッカーのカケラが、今、いっしゅん浮いた?

ひそかに練習を重ねて、次第に重く、大きなものを浮かすことができるようになるダニエル。
ところが、浮くとはいっても、その高さは、ほんのちょっぴり……だから力が役に立つのは、テーブルを拭くのに、ものをどかさなくて済むことくらい。
そのうえ、あくまでも浮かせることができるだけで、動かすことはできないのです。
いったいこの力はなんなのだろうと疑問に思っていたある日──海辺で事件は起こります。

不思議な力を様々な方法で試し、夢中で訓練するダニエルの様子を見ていると、こっちまでワクワク!
日常の中にとつぜん降ってわいたファンタジーに胸躍らせる心持ちが、ひしひしと伝わってきます。

力の使い道が、ちょっとしたイタズラとお手伝いのため、というのが、なんとも子どもらしくてかわいらしいところ。
でも、人にはない力を得た少年は、それをただ、かわいいことにばかり使うわけではありません。

認められたいという、大きな願い。
少年に与えられた、ちいさな力。

写実的ながらも、幻想的で温かなイラストで描き出す、日常に息づく「あるかもしれない」ファンタジーと、少年の成長物語!

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

ぼくはダニエル。みんなはぼくを「ねずみくん」ってよんで子ども扱いする。
ぼくははやく大きくなって、パパやおにいちゃんと漁にいきたいんだ。
くやしい思いをかかえているぼくに、ある日、ふしぎな出来事がおきて……。
こどもだけど、こどもじゃない、
もやもやした気もちをかかえた少年の心と成長を、ファンタジックに描いた絵本。

ベストレビュー

ねずみくんと呼ばれて

子ども扱いされるダニエルの反発心が、不思議な力を呼び起こしたのでしょうか。でも、どうして「ねずみくん」などと呼ばれたのでしょうか。
以前はそう呼ばれて嬉しかった時もあったということなのですが、愛称と言うにはマイナスイメージが強く感じられます。
最後のシーンで、父親が「ねずみくん」ではなくて、名前を呼んだことが印象的です。
初めて成長を認められたということなのでしょうか。
その後がとても気になるお話です。
(ヒラP21さん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジム・ラマルシェさんのその他の作品

月のしずくの子どもたち

藤本 朝巳さんのその他の作品

絵を読み解く 絵本入門 / 松居直と絵本づくり / 子どもと絵本 / ベーシック絵本入門 / たのしい どうぐばこ / リンゴのたび


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > ぼくのふしぎな力

谷川俊太郎×堀内誠一の新作絵本『ちちんぷいぷい』インタビュー 堀内花子さん 紅子さん

ぼくのふしぎな力

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット