話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
うそ

うそ

  • 絵本
作: 谷川 俊太郎
絵: 中山 信一
出版社: 主婦の友社

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年04月01日
ISBN: 9784074464708

B5変型判/32ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

おかあさんは「うそ」をつくなと言うけど。
それはきっと、うそが苦しいと知っているから。

だけど、ぼくはきっとうそをつく。
うそをつく気持ちは「ほんとう」なんだ。

1988年に発表された谷川俊太郎さんの詩「うそ」に、イラストレーター中山信一さんが絵を描き、出来上がったのがこの絵本。読んだあと、しばらく茫然としてしまうのは、自分の頭の中が、絵本の中の男の子みたいにうそとほんとで混濁し、灰色の景色になってしまうから。

うそって、ついてはいけないものなんだろうか。うそをついたら、あやまらなくてはいけないのだろうか。だけど、ごまかすようなうそは嫌いだし、人を傷つけるのも良くない。大人になってからも思い出しては、後悔するようなうそをついたこともある。じゃあ、ほんとってなんだろう。私はいつもほんとのことを言ってるんだろうか……。

そうやって、割り切れない心と一緒に生きていかなければならないのが、大人の本当の姿。犬のさんぽをしながら、地面で動き回るアリ達を眺めながら、水たまりにうつる自分の姿をのぞきながら、男の子も一歩ずつ大人へと歩き出しているのかもしれません。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

うそ

出版社からの紹介

「うそはくるしい」はずなのに、平気でうそをつく人がいる。大きな声でうそをつき、しらを切り通す人もいる。うそをくり返したら、ほんとうになるのだろうか。この世はほんとのことより、うそであふれている。うそをつかない人なんて、この世にはいないだろう。でも、どうして人はうそをつくのだろうか。ついついてしまったうそ。ごまかすためのうそ。自分を守るためのうそ。相手の幸せを願ってつくうそ。そもそも[ついていいうそ]と[ついてはいけないうそ]、[いいうそ]と[悪いうそ]ってあるのだろうか。あるとすれば、その違いはなんだろう。いい・悪い、軽い・重いの基準で測れるものだろうか。この絵本は、詩人・谷川俊太郎さんが1988年に発表した詩「うそ」に、イラストレーター・中山信一さんが絵を描き、構成した一冊。ある男の子がうそについていろいろと思い、考える。心の奥深いところまで届く、時おり読み返したくなる宝物のような一冊。

ベストレビュー

詩に絵をつけて生まれる不思議 

この絵本を読んで、まっさきに思ったことは、谷川俊太郎さんってなんて幸せな詩人だろうということでした。
 どうしてかというと、この絵本は2021年4月に出版されているのですが、絵本で綴られた谷川さんの詩自体は1988年に刊行された『はだか』という詩集に収められた一篇の詩なのです。
 それが、こうして絵本になる。谷川さん自身、この絵本の巻末の短いエッセイに「こんな不思議な絵本ができました」と書いているくらいです。

 詩を、それもそんなに単純な内容ではない詩に絵をつけるのは、難しいだろうと思います。
 少なくとも、この「うそ」という詩には物語(ストーリー)があるわけではないのですから。
 「ぼくは/きっと/うそをつくだろう」、そんな書き出しの詩に、あなただったら、どんな絵を描きますか。
 次の詩文を読まないとわからないよ。
 では、「おかあさんは/うそをつくなと いうけど」と続きますが、さあて描けますか。
 こういう絵本の読み聞かせって難しいだろうな。
 単に朗読だったらできるかもしれませんが、絵とうまく調和できるだろうか。
 そんな難しい詩に、1986年生まれの若いイラストレーターの中山信一さんがなんともぴったりの絵を描きこんでいます。
 谷川さんの詩をじっくり読み込み、そのあといったん離れて自身の世界を思い描く、そしてまた谷川さんの詩に寄り添う。
 そうして出来上がった絵本のように感じました。
(夏の雨さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ロボベイビー
    ロボベイビー
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    コールデコット賞作家ウィーズナーが 精緻に、いきいきとロボットの世界を描いています。

谷川 俊太郎さんのその他の作品

クリスタルを描く / にじゅうおくこうねんのこどく 二十億光年の孤独 / 年少版 にじいろのさかな 特別版 キラキラ・スノードームセット / ちちんぷいぷい / 虚空へ / パイロットマイルズ

中山 信一さんのその他の作品

音で楽しむ昔ばなし(1) ももたろう



性被害から自分を守るための絵本『パンツのなかのまほう』なかがわさやこさんインタビュー

うそ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット