新刊
だれかのプレゼント

だれかのプレゼント(文溪堂)

『100にんのサンタクロース』谷口智則さん待望の新作サンタ絵本

話題
ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん

ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん(くもん出版)

「うた」は幼児のことばの世界を広げるのに最適!

  • 役立つ
  • ギフト
  • ためしよみ
なわとびょ〜ん
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

なわとびょ〜ん

  • 絵本
作: シゲリ カツヒコ
出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

「なわとびょ〜ん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2021年05月26日
ISBN: 9784041112281

4歳〜
32ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

もうすぐクラス対抗の「おおなわとび大会」。
なわとびが苦手なケンタは、リーダーでいばりんぼうのツヨシに、「いっつもケンタがひっかかるよな」と言われます。
「ほうかご こうえんで とっくんな! おまえら ぜんいんだぞ」

ツヨシのことがあまり好きでないケンタは、逃げることにしました。
学校の終わりのチャイムとともに走り出すケンタ。
公園の横の曲がり角で、自転車とぶつかりそうになります。
キキーッ!
自転車に乗っていたのは、カエルみたいな変な帽子をかぶった男。
謎の男はケンタに「なわとびは できるかい?」と聞きます。
「まわすだけなら……」と答えると、おおなわの端を握らせて……。
あれれ、謎の男に、ケンタはどこかへ連れて行かれちゃった!

気づくと、いつのまにかお年寄りがたくさんいる公園。
男は勢いよくなわを回し始めます。
一緒に回すケンタは「ああっ! あぶないっ! みんな、よけてーっ!」と絶叫しますが……。
「はっ!」!!
なんとびっくり、腰が曲がったお年寄りたち、いっせいに軽やかにジャンプしたではありませんか!

畑でも、渋滞中の道路でも、殿様のいるお屋敷でも……。
なわが回ると「せーのっ」「はっ!」とみんな一跳び!
誰一人、何ひとつ、ひっかかりません。
男は「これは ぜったいに ひっかからない なわ なんだよ」と言うのですが、それって本当!?

『大名行列』(小学館)で小学館児童出版文化賞を受賞したシゲリカツヒコさんが描くユーモア絵本。
おおなわが回れば、地面から抜けない野菜も、渋滞中の車も、「せーのっ」「はっ!」と一緒に跳んじゃう。
ページをめくるたびに、ダイナミックな構図、巧緻な絵に引き込まれます。
最後、なわを回し続けたケンタは、一体どうなるのでしょう。
ツヨシとケンタの関係は……?

“苦手克服”、“友情”という真面目なテーマも、シゲリカツヒコさんにかかればこのとおり。
奇想天外なユーモア絵本に早変わりです。
なわとびを跳びそうもない物が「はっ!」と跳ぶ瞬間を、楽しんでくださいね!


(大和田佳世  絵本ナビライター)

なわとびょ〜ん

なわとびょ〜ん

出版社からの紹介

みんなの【悩み】も町の【トラブル】も、ぜーんぶ「とんで」解決!?
裏テーマは 「苦手克服」 と 「友情 」。笑えるけれど、実は真面目な内容です。

■読み聞かせで盛り上がる!
なわとびが苦手。そして、いばりんぼうのツヨシのことが、もっともーっと苦手なケンタ。そんなケンタの前に、おおなわをもった謎のおとこが現れて…? ページをめくるたびに笑っちゃう、ユーモア【なわとび】絵本!

■読み聞かせにオススメの季節
運動会シーズン/運動不足になる冬/カエルが多い梅雨/なわの日!(7/8)

■子どもも大人も、みんな夢中!
●なんでもとばせちゃう、不思議な「なわとび」。こんな人やあんなものまでとばしちゃうの!? 私は長なわとびが苦手だったのですが、こんななわとびがあったら、楽しかっただろうなぁ!(絵本専門士)
●なわの脈打つような動きに吸い込まれ、一気に絵本の世界へ。「そんなものまで飛べちゃうのー?!」と、子どもと一緒にクスクス。ラストの展開がいいですね。「自分にはできない」という思い込みが強い息子も勇気づけられたようです。(一児の母)

ベストレビュー

もう逃げない

主人公のケンタは、縄跳びが苦手です。いつも引っかかってしまうからです。
クラス対抗の大縄跳び大会が近づいたある日、放課後に公園に集まって、みんなで特訓をすることになりました。
それを言い出したのは、ツヨシです。
いつもツヨシに怒られているケンタは、ツヨシが苦手です。
だから特訓をさぼろうとしました。
でも、逃げ出そうとしたその時!
カエルの帽子をかぶった二人のおじさんにぶつかりそうになって、そしてなぜか、おじさんの縄跳び練習に付き合わされることになりました。

苦手なことから逃げがちなケンタが、逃げない男の子になっていきます。
ツヨシのケンタに対する評価が、最初のページと最後のページでは全然違います。
そのことから、ツヨシは、意地悪な男の子ではないことに気付きます。

読むたびに何かを感じる、奥の深い絵本だと思いました。
(めむたんさん 40代・ママ 男の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • やきいもの日
    やきいもの日
    作・絵:村上 康成 出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
    秋のにおいが鼻の奥いっぱいに広がる、〈ようこそ自然へ〉シリーズ、秋の本。
  • 急行「北極号」
    急行「北極号」の試し読みができます!
    急行「北極号」
    作・絵:クリス・ヴァン・オールズバーグ 訳:村上 春樹 出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
    クリスマス前夜、幻想的な汽車の旅へ・・・

シゲリ カツヒコさんのその他の作品

だれのパンツ? / 大名行列 / ガスこうじょう ききいっぱつ / ぼくはまいごじゃない / バスガエル / ごじょうしゃありがとうございます



Netflixで大人気!「ヒルダの冒険」シリーズ

なわとびょ〜ん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット