ロングセラー
ぴよちゃんとひまわり

ぴよちゃんとひまわり(学研)

道徳の教科書にも掲載されている、命を慈しむ心をはぐくむ絵本です。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
闇に光る妖魔 アサギのよぶ声

闇に光る妖魔 アサギのよぶ声

  • 児童書
著: 森川成美
絵: スカイ エマ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,870

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2021年06月28日
ISBN: 9784036358403

小学高学年
200mm×140mm 336ページ

出版社からの紹介

「アサギをよぶ声」シリーズの後日譚。
アサギの孫であるヤヒコの物語。
十二歳になったヤヒコは、父から「この国にないものを探してこい」と一人旅を命じられる。ヤヒコの父、そして祖母であるアサギも十二歳になったとき旅に出ている。
ヤヒコは、旅の途中、ラオという漁師に出会う。船が難破し、漂着した彼は、自国に帰ろうとヤヒコの協力を得て再び船を出そうとする。ヤヒコはラオの国で作られている鉄製の斧にひかれて、ラオと航海をともにする。
一方、ユンという少女が住む国では、「夢の国」とよばれる開拓地への移住が、シュー様と呼ばれる皇族を中心に進められていた。弓を作る工人を父にもつユンだが、生活はきびしい。ユンの親友の家族が移住を決意したこともあり、気乗りのしない父を説得して、ユンも新開地へと旅立つ。しかし、そこには、集落の建物だけがのこされており、人の姿がまったくなかった。
とにかくそこで生活をするため、父と弓づくりにはげむユンだったが、ある日、砂浜に少年が横たわっているのを発見する。それは、ラオと二人、海に出たヤヒコだった。
 ヤヒコを看病するユン、そして快復したヤヒコは、ユンの国に古くから伝わる「グウェイ」という怪物の伝説を知る。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


森川成美さんのその他の作品

てつほうの鳴る浜 / 飛べ!遺伝子を超えて / 講談社青い鳥文庫 岬のマヨイガ 映画ノベライズ / はなの街オペラ / おはなしSDGs エネルギーをみんなにそしてクリーンに 夢の発電って、なんだろう? / きみが、この本、読んだなら とまどう放課後 編

スカイ エマさんのその他の作品

もうサイアクだ! / 少女探偵 月原美音(3) ピエロの涙と夢幻の青い鳥 / クローバーと魔法動物 ライバルは夏の終わりに / ダンシング・プリズナー / クローバーと魔法動物 魔法より大切なもの / 大江戸火龍改


絵本ナビホーム > > 闇に光る妖魔 アサギのよぶ声

2022年この夏読みたい絵本・児童書 レビューコンテスト

闇に光る妖魔 アサギのよぶ声

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット