話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

子どもに語る アンデルセンのお話

子どもに語る アンデルセンのお話

  • 絵本
編: 松岡 享子
出版社: こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2005年
ISBN: 9784772190435

読んであげるなら4〜5歳から
自分で読むなら小学中学年以上

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

童話の王様、アンデルセンの名は有名ですが、実際にそのお話は、子どもたちには届いているのでしょうか?大人でも、「題名は聞いたことがあるけれど……」という方が多いのではないでしょうか。
 2005年は、アンデルセンの生誕200年にあたります。本書は、それを記念して開かれたお話会を元に生まれました。アンデルセン自身、巧みな語り手であり、子どもを前に自作を語ることもあったそうですから、そのお話の数々は、語られ、聴くことによって、ますますおもしろく、より深く心に響きます。
 普段子どもたちにお話を語っているストーリーテラー8人それぞれが、語りこんだ訳文を収録。声に出してよみやすい、聴いてわかりやすいと好評です。
 巻末には、アンデルセンの世界に魅了された語り手8人による座談会を掲載しました。アンデルセンの作品の魅力と、語ることの本質に迫ります。

収録話

一つさやから出た五つのエンドウ豆
おやゆび姫
皇帝の新しい着物(はだかの王さま)
野の白鳥
豆の上に寝たお姫さま
小クラウスと大クラウス
豚飼い王子
天使
うぐいす(ナイチンゲール)
全9話収録

ベストレビュー

読み聞かせにオススメしたい

「親指姫」を忠実に再話した(ダイレクト版でない)“本物”が読みたくて、図書館で借りてきました。

絵本大好きなわが子に読み聞かせたところ、絵本以上に真剣なまなざしで聞き入っていました。
少々長めのお話ですが(アンデルセン童話は長めのものが多いですね)、子どもは最後までしっかりついてきました。
絵がなくてもこんなに楽しめるというのを実感したようです。

他のお話も、魅力的なものばかり。
親子で、アンデルセンの世界を満喫しました。

巻末の、語り手の皆さんの対談も興味深かったです。
(あまたろうさん 40代・ママ 女の子8歳、男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松岡 享子さんのその他の作品

しろいうさぎとくろいうさぎ / あたまをつかった小さなおばあさん がんばる / あたまをつかった小さなおばあさん のんびりする / ワンダ・ガアグ グリムのゆかいなおはなし / ワンダ・ガアグの「グリムのむかしばなし」について / おぼえること(レクチャーブックス◆お話入門シリーズ3)


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学、その他 > 子どもに語る アンデルセンのお話

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

子どもに語る アンデルセンのお話

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 1
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット