新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
新刊
ぐるぐるうごく しましまぐるぐる

ぐるぐるうごく しましまぐるぐる(学研)

赤ちゃんはうごくものが好き!累計250万突破の大人気シリーズから待望の新刊登場!

  • かわいい
  • ギフト
夏のカルテット

夏のカルテット

  • 児童書
著: 眞島 めいり
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,320

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年06月10日
ISBN: 9784569880006

小学校高学年から
四六判並製/208ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

青春は、戦いだ。
集団で目立つことの痛み。
その中でも、やりたいことを貫く勇気。
ささいなきっかけで踏み出した一歩はいつしか、仲間と並んで踏みしめる力強い行進に変わり、少年少女をあまりにも広く、自由な場所へと導いていく──

夏休みだっていうのに、中学一年生のツカサは図書委員の仕事で、学校の図書室に通わなければなりませんでした。
校舎建て替え工事の騒音のせいで、利用者もほとんどいないのに……。

うるさい、暑い、めんどくさい!
そのうえ、夏休みの自由課題のことも気がかりで。

そんな中、4人の図書委員メンバーのひとり、ササヤが持ってきたギターをきっかけに、ふとした思いつきが生まれます。それは、図書委員のメンバー四人でバンドを組み、作った歌を自由課題として提出すること!

ギターが弾けるササヤ。
ピアノがうまいミキ。
歌うのが好きなカノ。
でも俺は、楽器もできないし、歌も得意じゃない……。
そんなツカサが任されたのは──作詞!?

「誰かと一緒に、ひとつのものをつくっている。
仲間に加わっている。
初めて経験するような感覚がぞわぞわと湧き上がって、頭から足の先まで染まっていく。冷房がついた部屋にいるのに汗が出てくる。
はずかしくて、苦しくて、うれしくて、楽しい」

仲間といっしょに、この世界にはなかった、あたらしいモノをつくり出す。
なんだか、フワフワした心持ち。
たよりなくて、でも、エネルギッシュな。

はじめは、恐る恐る。
でも、図書委員の四人は少しずつ、歌づくりに熱中していきます。

「音楽を聴くのは好きだ。好きな音はいつでも自分の外側で鳴ってて、それを見つけ出すのが楽しいと思ってた。
でも、本当に? どこまでが内側で、どこからが外側なんだろう。
疑問がふわりと生まれてはまたふわりと消えていく。ただ、みんなで歌ってる。その中に紛れもなく俺がいる」

そのひと夏をかけて、一曲の歌を完成させたツカサたち。
ところが、その歌を動画サイトにアップロードしたことにより、事態は思わぬ方向に……。

初めて何かを表現することにいどむ、その不安や高揚。
それを生々しいほどのリアリティで描き出した一冊です。

スポーツにかける青春がある。
恋に燃える青春がある。
でもここにあるのは、表現するということに挑み、自分が好きなものを貫くために戦う、そんな青春です!

「この世界にはすでに数えきれないほどの音楽があって、そこから自分にぴたりと合うものをひとつ、またひとつと見つけ出せたとき、いつだって幸せな気分になった。今もなる、なるんだけど。たぶん俺はもう、それだけじゃもの足りない。
ここに生きてる俺の気持ちを、才能ある誰かが代わりに表現してくれることに、悔しさを感じはじめてる」

青春の痛み──
その傷は、だけど熱くて、いつも甘い。

音楽や歌だけじゃない、絵でも、ダンスでも、文章でも!
何かを表現したいと思うすべての人の心に突き刺さる、激エモ青春物語!

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

中学1年生の夏休み。図書委員の当番で集まったクラスも部活もバラバラな4人が結成した夏限定のバンドは、4人にとってかけがえのない場所になっていった。
そんな時に突然、幹が「…僕、グループ研究、抜ける」と言い出して……!?

「好きだよ」
鯨井さんは言った。何かに立ち向かうように。
俺と佐々矢をさらに引き寄せて、
「わたしは好きな子たちとバンドを組んだの。それの何がだめ?」
茶色い目はどこかをにらんでいる。校舎か、その上の青い空を。
                               ――本文より。

周りの意見に流されたり、同調したり、人から噂されたり、からかわれたり……。
自分を押し殺しているうちに、自分が本当に好きなもの、大切なものは簡単に消えてしまう。
そんな状況の中、幹が出した答えは……。

『みつきの雪』で第50回児童文芸新人賞を受賞した眞島めいり氏、デビュー二作目。
気持ちが前向きになる爽やかな青春ストーリー。

夏のカルテット

夏のカルテット

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どーこかな?
    どーこかな?の試し読みができます!
    どーこかな?
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    お顔の中のあてっこ遊び おめめは どーこ? ここよ ここよ ぱちくるりん 親子の触れ合いを楽しむあか

眞島 めいりさんのその他の作品

みつきの雪



AmazonオーディオブックAudibleでJ.K.ローリング最新作『クリスマス・ピッグ』を楽しむべき7つの理由

夏のカルテット

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット