話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
ぼくとがっこう

ぼくとがっこう

  • 絵本
文: 谷川 俊太郎
絵: はた こうしろう
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年04月27日
ISBN: 9784752009757

4歳から
32ページ 28cm×22cm

この作品が含まれるテーマ

みどころ

うちにいるとぼくは「ぼく」でいられるけれど、学校に行けばぼくは生徒。おおぜいの中の一人になる。学校はうちじゃないし、先生はお母さんじゃない。

行きはじめたばかりの学校。まだ、なんとなく馴染めない。だけど、学校からは海が見え、空がある。広い庭があって、図書室では好きな本が読める。仲が良い友だちも、嫌いな友だちもいる。学校には……。

学校に行くのが好きな子も、好きじゃない子も。楽しい日の方が多い子も、そうじゃない日の方が多い子も。学校に行けば、色々なものがあるし、様々な経験をする。もちろん、子どもたちにとって、学校が全てではないけれど。そんな中、少しずつでも「自分の見たいもの」「感じたいもの」を見つけていきながら、卒業する日を迎えられることができたなら。

谷川俊太郎さんの思う「学校」を声に出して読みながら、はたこうしろうさんの描く子どもたちの姿を見ながら、読んでいる子どもたちの気持ちがほぐれていってくれれば嬉しいですよね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

学校へいきはじめたばかりの「ぼく」。学校はうちじゃない。先生はおかあさんじゃない。なじめない中で、少しずつ自分の見たいもの、感じたいものを見つけ、いろいろな日々の中で成長していく。やがて学校を離れる日がきて…

ベストレビュー

別れる日

谷川俊太郎さんの学校考でしょうか。
余白のいっぱいある文章は、詩のようでもあり、それだけに、読者それぞれのどこかに共感どころがあるような気がします。
「うち」という世界から、「学校」という世界へ。
うちと違うところもあるし、似たところもある。
楽しいことも、嫌なことも。 
そう、学校って、なかなか奥深い存在ですね。
そして、別れる日もあるのが、学校。
でも、最終行の文章の力強さが素晴らしいです。
はたこうしろうさんの絵は、その余白をたっぷりと浮かび上がらせ、さらには滋味深いサブストーリーも提示します。
まさに絵の力。
伸びやかな子どもたちの姿、堪能しました。
(レイラさん 50代・ママ )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 植物生きざま図鑑
    植物生きざま図鑑
    出版社:Z会 Z会の特集ページがあります!
    身近に観察できる植物たちの生きざまを道徳的にのぞき、生きるヒントを学ぶ児童書です。



みんなで参加しよう!えほん祭

ぼくとがっこう

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット