季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり
雪の女王

雪の女王

  • 絵本
作: アンデルセン
絵: 永田 萌
訳: 若谷 和子
出版社: 世界文化社

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2005年
ISBN: 9784418058136

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

アンデルセン生誕200年記念出版
カラーインクの魔術師の著者が贈るアンデルセン名作選3点同時発売。

ベストレビュー

奥深い作品です。

アンデルセン 「雪の女王」というのは
聞いたことがあったのですが、
どんなお話なのか。。というのは
はっきり知りませんでした。
19世紀の児童文学に新しい時代を開いた人ですから、
昔の童話ですし、日本語に翻訳されて
出版されているものはいろいろあるかもしれませんね。

永田萌さんの描かれる絵は
昔を感じさせるなつかしさがあります。
現代で考えると
ストーリーは少し怖いイメージがあります。
雪の女王にカイ(男の子)は連れ去られるのですから。
ゲルダ(女の子)も魔法使いのおばあさんにつかまり暮らすことになったり。
ゲルダはカイを探しに行きますが。。
雪の女王の心理もむつかしく、
最後はカイとゲルダは大人になって
ハッピーエンドで終わりますが
名作童話というのは
奥が深く むつかしく感じられました。
(koyokaさん 50代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アンデルセンさんのその他の作品

おやゆびちーちゃん / 雪の女王 アンデルセン童話集 / 小さい人魚姫 アンデルセン童話集 / ナイチンゲール / おやゆびひめ / 100年後も読まれる名作(13) 雪の女王 13

永田 萌さんのその他の作品

うさぎのマリーのフルーツパーラー / 新装版 ばらいろのもり / みえとコウノトリ / おやゆびひめ / 野の白鳥 / もうすぐ夏休み

若谷 和子さんのその他の作品

人魚姫


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 教育 > 雪の女王

3月の新刊&オススメ絵本情報

雪の女王

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット