話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
龍馬のマネー戦略 教科書では絶対に教えない幕末維新の真実

龍馬のマネー戦略 教科書では絶対に教えない幕末維新の真実

著: 大村大次郎
出版社: 秀和システム

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年04月15日
ISBN: 9784798064000

188mm×128mm 240ページ

出版社からの紹介

「金がなくては維新は出来ぬ!」
維新の立役者となった坂本龍馬は、
日本史でも一、二を争う偉人でもある。
しかし実のところ、当時の龍馬は一介の浪人に過ぎない。

それなのに、なぜ土佐どころか日本を代表する人物になれたか?
実は、それは龍馬の「金を作る才能」が抜群だったからだ。

英雄としてではない、錬金術師・龍馬
多くの維新志士は天下に大義を語って資金を募る傾向が強いが、
龍馬はほぼ独自の錬金術を使って大金を得ることが多かった。

そのうちの一つが「海援隊」による事業だが、
なかには違法行為のような金策も多々あった。

・偽金製造を土佐藩に提言する
・法外な賠償金を訴え、実際に分捕る
・有事には奉行所を襲うことを勧める

龍馬を主人公にしたドラマや小説はもちろん、
教科書では決して教わらないことであるが、
これは当時の記録に残る「史実」である。

龍馬だけが「金が必要だ」ということが分かっていた
「これからの時代に必要なものは、お金だ!」ということを、
龍馬は、どの維新志士よりもわかっていたのである。

西郷隆盛、大久保利通、桂小五郎など、
歴史に名を残した明治の元勲たちよりも、
龍馬の金策は一歩先を行っていた。

実際、薩長の藩士たちは戊辰戦争に突入した際、
自分たちに蓄えがなく、幕府軍を追走するのに、
鳥羽伏見の戦い後、数か月もの時間を掛けている。

土佐藩も戦費がなく結局、土佐藩を助けたのは、
先述した「龍馬の提言による偽金」だった。

時代の節目では、今後、何がどうなるかわからない。

薩長同盟を成功させ、大政奉還を提言した龍馬からすれば、
仮に王政復古が成っても、戦争になるかもしれないし、
戦争になれば、倒幕派に苦戦する可能性だって十分ある…。

様々な可能性を考慮し、
でもどうなろうと必要だったのが、
「お金」だったのだ。

本書では知られざる「龍馬の錬金術」を紹介し、
倒幕を果たした彼の「マネー戦略」について紐解く!

【目次】
第1章 誰とも繋がる「史上最強の浪人」
第2章 幕末を制した「瀬戸内海の海上王」
第3章 私設艦隊「海援隊」とは何か?
第4章 「龍馬の偽金」で倒幕を果たした官軍
第5章 明治新政府を支えた「龍馬マネー」

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


大村大次郎さんのその他の作品

お金の流れで見る戦国時代 / 世界通貨を発行せよ! コロナ不況から人類を救うお金革命 / 税金の表と裏の教科書 / やってはいけないお金の貯め方 / 家康の経営戦略 国づくりも天下泰平もカネ次第 / おひとりさまの老後対策


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 社会科学総記 > 龍馬のマネー戦略 教科書では絶対に教えない幕末維新の真実

「プラチナブック」新入り絵本を紹介【ブランニュープラチナブック】

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット