もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
福音館文庫 パディントンのラストダンス パディントンの本(9)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

福音館文庫 パディントンのラストダンス パディントンの本(9)

  • 児童書
作: マイケル・ボンド
絵: ペギー・フォートナム
訳: 田中 琢治 松岡 享子
出版社: 福音館書店

本体価格: ¥600 +税

「福音館文庫 パディントンのラストダンス パディントンの本(9)」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年09月
ISBN: 9784834022193

自分で読むなら・ 小学中学年から
17X13cm 208ページ

出版社からの紹介

舞踏会に招かれたパディントン。はりきって出かけたものの、会場では失敗ばかり。ところがママレードサンドイッチの思わぬ効果(?)で、ついには拍手喝采の社交ダンスを踊ります。

ベストレビュー

リラックスして楽しめる本

全10巻のうちの9巻目です。
パディントンは、イギリスのブラウン家の一員になって、
何年にもなりますが、まだ経験していないことが色々とあります。
この本でも、好奇心の塊のようなパディントンが、新しい経験をしては
みんなが、ヒヤッとなり、結果は思いのほか上手くゆくと言う、いつものパターンが多いです。
最初は、パディントンの手作りトフィーが原因でごたごたがあり、
パディントンの初歯医者行きとなります。
家族付き添いでおっかなびっくりで行った歯医者でも、面白い椅子や
器具に目を見張るパディントン。何をしても楽しめるクマです。
(capellaさん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マイケル・ボンドさんのその他の作品

パディントンのてんらんかい / 人形の家にすんでいたネズミ一家のおるすばん / オルガとボリスとなかまたち / モルモット・オルガの物語 / パディントン、テストをうける / パディントンのクリスマス

ペギー・フォートナムさんのその他の作品

くまのパディントン(全10冊) / パディントンの大切な家族 / パディントン街へ行く / パディントンのラストダンス / 福音館文庫 パディントン街へ行く パディントンの本(8) / 福音館文庫 パディントン妙技公開 パディントンの本(7)

松岡 享子さんのその他の作品

あたまをつかった小さなおばあさん がんばる / あたまをつかった小さなおばあさん のんびりする / ワンダ・ガアグ グリムのゆかいなおはなし / ワンダ・ガアグの「グリムのむかしばなし」について / おぼえること(レクチャーブックス◆お話入門シリーズ3) / 選ぶこと(レクチャーブックス◆お話入門シリーズ2)


絵本ナビホーム > 児童 > 新書 > 外国文学小説 > 福音館文庫 パディントンのラストダンス パディントンの本(9)

西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

福音館文庫 パディントンのラストダンス パディントンの本(9)

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット