ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
ぼくのなかの木

ぼくのなかの木

  • 児童書
作: コリーナ・ルウケン
訳: 島津 やよい
出版社: 新評論

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,980

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年05月24日
ISBN: 9784794811813

A4変型判 縦251mm 横160mm 厚さ9mm 56ページ

出版社からの紹介

自然とともにある人間の生を、力強く、温かく、美しく描く。
子どもと一緒に自然・生命・環境を考えるのに最適の絵本!

 新緑の季節、風にそよぐ木々の梢や、陽をあびて輝く若葉を眺めていると、つらいこと、いやなこともいっとき忘れます。酸素をつくり、生態系を整備してくれる植物のなかでも、人間にとって樹木は別格の存在です。この世をささえる「世界樹」や、旧約聖書の「生命の樹」などのイメージにあらわなとおり、樹木は古来、世界の中心をなす軸、あるいは永続的な力強い生命力の象徴として、人類の畏怖と尊崇の対象となってきました。
 あらゆる生物を生かし、人間の心の拠り所ともなってくれる木々を、わたしたちはどうあつかってきたでしょう。じぶんたちの都合で植えつけ、伐りたおし、利用するばかりでした。それでも木々は――空や風、川や海や大地も――、なんの見返りももとめず、傷つけられても文句も言わず、今日もわたしたちにふんだんな恵みをあたえてくれます。
エコがだいじだとだれもが言います。世界各地で大勢の人々が環境保全活動に尽力しています。けれど、人間が自然を客体として庇護しようと考えるかぎり、保全活動は開発や産業などべつの活動とぶつかり、妥協や後退を余儀なくされるでしょう。
 だから、木になってみましょう。わたしは木であり、木はわたしであり、わたしのなかに木があり、木のなかにわたしがいる。わたしたちはみな強靱な生命力をもつ木のように、根・幹・枝・葉・花・実を内なる自然として有し、自然界のすべての存在と永遠につながっているのだ、と考えてみるのです。なんどでもくりかえし、「わたしのなかの木」が花を咲かせ、実をなすまで、そして「自然をまもろう」と言う必要がなくなる日まで。
 本書はこのコンセプトを、『まちがいなんて ないよ』の著者が、今回も力強く美しい絵と詩的な文章でいきいきと描いた傑作絵本です。お子さん・生徒さんとともにひもとき、人間と自然のかかわりやエコをとらえなおすきっかけともしていただければ幸いです。(しまづ・やよい)

ベストレビュー

新鮮な観点

自分の中にある木という見方に、精神的なものを想像してしまったので、はじめはりんごの木が何かの象徴のような気がしました。
でも、この絵本は、大自然と共に生きる、自分と木との関わりの壮大さを描いていました。
大自然を大切に維持していくのは、それぞれの人の気持にまかされているということでしょうか。
絵にひかれます。
(ヒラP21さん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どーこかな?
    どーこかな?の試し読みができます!
    どーこかな?
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    お顔の中のあてっこ遊び おめめは どーこ? ここよ ここよ ぱちくるりん 親子の触れ合いを楽しむあか
  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

コリーナ・ルウケンさんのその他の作品

まちがいなんて ないよ

島津 やよいさんのその他の作品

すてきなテーブル / ぼくは にんげん おもいやりってだいじだね



えほん新定番 from 好書好日

ぼくのなかの木

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット