新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
どうぶつ勝負(かちまけ)はっけよい!
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

どうぶつ勝負(かちまけ)はっけよい!

  • 絵本
作: 大橋 慶子
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2021年07月13日
ISBN: 9784774622453

3〜5歳
264mm×216mm 28ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

ジャングルで始まる、動物たちのおすもう大会。いろんな動物が集まってきました。行司はパンダのぱんだのすけ、呼び出しはつるのつるまるです。

はじめはカバの勝負。「はっけよーい!」のかけ声で睨み合います。ページがさらに開くしかけになっていて、そこを開くと、カバ同士が大きな口を開けている姿が見えます。カバは口を大きく開けた方が強いのです。「きまりてはおおぐちあけ」で勝負が決まりました。

ナマケモノ、くじゃくにライオン……。他の動物たちも、リアルな「勝ち」「負け」の生態があるようです。意外な勝負に驚きながら、美しい色合いの絵としかけを楽しむことができます。
この迫力ある絵を描くのは、『そらのうえうみのそこ』や『きょだいなガチャガチャ』の作者、大橋慶子さん。人気イラストレーターの大橋さんが描く動物たちは、躍動感があってとても魅力的です。ユーモアたっぷりな表情も、見逃さないでくださいね。

巻末には、いろいろな動物たちの勝負図鑑もあります。激しい取っ組み合いの勝負をする動物、技術を争う動物などなど、様々な勝負が紹介されています。
さらには「絵本のどこかのページにかたつむりがいるよ」といったような探し絵のおまけつき。一冊でいろいろな楽しみ方ができる、うれしい作品です。

(出合聡美  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

カバの「勝ち」「負け」はどっちが口を大きく開けられるかで決まる?クジャクの「勝ち」「負け」は声の大きさと長さで決まる?
じゃあ、ライオンやナマケモノの勝負は……?
動物にはそれぞれ、リアルな「勝ち」「負け」の理由があるのです。
巻末には楽しくってためになる、動物たちの勝負図鑑もついています。激しいとっくみあい勝負を繰り広げる動物や独特のユニークなくらべっこで勝負を決める動物、歌や造形物など、技術の巧みで勝負する動物もいるんですよ。
さあ、絵本を開いて、ゆかいなどうぶつたちの「勝ち」「負け」の勝負の行方を一緒に見守りましょう。
はっけよい!

ベストレビュー

それぞれの闘い方

取っ組み合いではなく、それぞれの動物にあった闘い方で勝敗を決めるというのが面白いです。
きまりては、ろんぐへあ?ってなんだか全然強そうでもなんでもないですけどね(笑)
巻末まで盛り沢山で楽しめる要素てんこ盛りでした。
(lunaさん 30代・ママ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


大橋 慶子さんのその他の作品

新装版 そらのうえ うみのそこ / きょだいなガチャガチャ / そらのうえ うみのそこ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > どうぶつ勝負(かちまけ)はっけよい!

『ふしぎな森のものがたり』あいはらひろゆきさん&ちゅうがんじたかむさんインタビュー

どうぶつ勝負(かちまけ)はっけよい!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット