新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

やまがみさまのきょだいべんとう

やまがみさまのきょだいべんとう

  • 絵本
作: 大串 ゆうじ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,320

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2021年08月30日
ISBN: 9784033501505

3〜5歳
270mm×200mm 32ページ

みどころ

20年に一度、「大まんぷく村」で開催される「やまがみさま だいまんぷくまつり」。山の向こうからやってくる「やまがみさま」のために、おとなから子どもまで、村人総出でお弁当をつくるお祭りです。

とはいえ、みんながそれぞれにお弁当を作るわけではありません。「やまがみさま」のサイズに合わせた、ひとつのおおきな弁当を作るのです!

その弁当の巨大さといったら!

卵を500個も使った、巨大たまご焼き。キリンの首にピッタリはまるほど長い、メガちくわ。運ぶのに14人も必要なのは、ステーキにするマンモス肉。

しかも、おかずが大きいだけじゃない!

子どもたちがひとつぶひとつぶ、専用のリュックで背負って運ぶのは、炊き立てのごはん!? それに、トラックの荷台いっぱいの長さがある、ジャンボアスパラガス! レンコンを運ぶのだって、穴に棒を通して、かついでいかないといけません……いったい、どれだけ栄養たっぷりの土で育ったのでしょう?

とうぜん、ふつうの調理器具で料理できるはずもなく……くりだされるのは、調理用巨大ロボ!

著者は、「しょうてんがいくん」「よなかかいじゅうイビキラス」などで知られる、大串ゆうじさん。著者独特の昭和レトロなタッチで細部まで描きこまれたお祭りの景色は、まるでブリキのオモチャが動き回っているようで、とってもキュートです。

みどころはなんといっても、村人たちの努力の末に完成した、やまがみさまの豪華なお弁当! エビフライに焼き鮭、ステーキ、梅干しの乗った真っ白なごはん、そしてデザートの栗まんじゅうまで! 見開きのページいっぱいの巨大弁当は、真上からのアングルでのぞきこむように描かれていることもあって、まるでほんとうに目の前にあらわれたかのような臨場感があります。

そのまわりを取り囲んで、村人たちが弁当の完成をよろこんでいると──?

どす?ん……、どす?ん……、と、山の方からおおきな音が!

「あっ!!」

村人たちが、おどろきの表情で声をあげ、山を指さします。

物語序盤では、大きく不気味な影として描かれているやまがみさまですが、その真実のお姿とは!?

そして、「やまがみさま だいまんぷくまつり」が村人たちにとってなくてはならない、そのおどろくべき理由とは!?

表紙裏には、絵本のそこかしこに登場する個性的なキャラクターが紹介されています。

おべんとうのにおいがするとあらわれる「おべんとうおばけ」。巨大米粒を運ぶ子どもたちを見守るバッタな神さま、「こめつきバッタさま」。足の生えた切り株……? ナゾすぎる妖精「ひまぼう」などなど──

奇妙キテレツなキャラクターたちをにぎわう祭りの場面から見つけ出す、絵探し絵本としてもたのしめます。

ページの隅から隅までゆかいなアイデアがいっぱいに詰まった、いつまでもながめていたくなるおすすめの一冊です!

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

ぼくのむらでは 20ねんにいちど「やまがみさま だいまんぷくまつり」という とても だいじな おまつりが あります。やまのむこうから やってくる やまがみさまのために、きょだいな おべんとうを つくる おまつりです。

20年にいちどやってくる「やまがみさま」のために、村中で力をあわせて巨大なおべんとうを作ります。やまがみさまっていったい誰? このお祭りはいったい何のため? 細かく描き込まれた絵も、お話の謎も楽しい、何時間でも楽しめる絵本。

ベストレビュー

だいまんぷくまつり

「しょうてんがいくん」で大串ワールドがクセになり、こちらを手に取りました。

20年に1回開かれる大事なお祭り。
ご神体があるとか、神様役の人を決めるのではなく、山神様がおにぎり山の方からドスン、ドスンと本当に現れます。
その山神様は巨大で、鉄塔よりも大きいのです。
山神様の服装がラフで神様らしくなく普通の大食漢みたいで、私はありがたみを感じませんでした。
でも、村にはとても重要な神様でした!

巨大弁当を作る村人や見学の人が何百人も(何千人も?)描かれていて、ひとりひとり見ていて飽きません。
見返しの登場人物紹介の面々を、本文中から探しだす探し絵も楽しめます。
子どもが喜びそうなラストなので読み聞かせしたいですが、教室では細かい部分が見えないから無理かなぁ。
(みいのさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


大串 ゆうじさんのその他の作品

うまにんげん / せっしゃ、なべぶぎょうでござる! / 紙芝居 モサちゃんのぼうけん / よなかかいじゅうイビキラス / ねたあとゆうえんち / しょうてんがいくん


絵本ナビホーム > > やまがみさまのきょだいべんとう

「プラチナブック」新入り絵本を紹介【ブランニュープラチナブック】

やまがみさまのきょだいべんとう

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット