ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
新刊
ちゅっちゅとこっぷちゃん

ちゅっちゅとこっぷちゃん(文溪堂)

「しゅぱっ」「とぽーん」心地よい音の響きを赤ちゃんと楽しむ絵本

  • かわいい
  • ためしよみ
十円玉の話

十円玉の話

  • 絵本
作: 牧野伊三夫
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年07月12日
ISBN: 9784251051035

小学低学年
28ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

「わたしは十円玉」。パン屋さんから若い夫婦の家、喫茶店、銭湯、焼き芋屋さん……。十円玉が手から手へ渡りながら、人間の生活のささやかな幸せのひとときをのぞいていく絵本。暮らしのたのしみを題材にした文章でも知られている画家・牧野伊三夫が、昭和39年製造の十円硬貨の視点で、日本人のなんでもない日常をあたたかく描く。いろんな人の手に渡っていく硬貨の宿命と、時代の移り変わりに想像力を刺激される。

ベストレビュー

昭和を生きて来た人たち向けの絵本

この本における牧野伊三夫さんの絵は、太い筆で昭和の時代を懐古しているような、懐かしい香りが漂っています。
主人公は十円玉。使われて、お釣りとして別の人に渡って、いろいろな人の生活の中を渡り歩いていきます。
その、十円玉の存在感も、描かれている風景も、昭和時代を走馬燈の様に映し出しています。
現金が現金として、十円玉がこれだけ活躍できた時代を、思い出しました。
(ヒラP21さん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 新装版 スノーマン
    新装版 スノーマン
     出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
    名作『ゆきだるま』が装いをあらたに!少年がつくったスノーマンに命がやどる。文字のない美しい絵本

牧野伊三夫さんのその他の作品

牧野伊三夫イラストレーションの仕事と体験記 1987−2019 椰子の木とウィスキー、郷愁 / おえどのおなら / 子ざるのかげぼうし



堀内誠一さん生誕90周年連載 50年の時を超えた合作・谷川俊太郎×堀内誠一『ちちんぷいぷい』

十円玉の話

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット