新刊
ぐるぐるうごく しましまぐるぐる

ぐるぐるうごく しましまぐるぐる(学研)

赤ちゃんはうごくものが好き!累計250万突破の大人気シリーズから待望の新刊登場!

  • かわいい
  • ギフト
きっと、大丈夫

きっと、大丈夫

  • 児童書
著: いまたあきこ
絵: 黒須 高嶺
出版社: 文研出版 文研出版の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年06月22日
ISBN: 9784580824645

小学中学年
216mm×151mm 136ページ

出版社からの紹介

咲良は小学校3年生の夏に、家の庭のミカンの木で、アゲハチョウの幼虫のたまごをみつけた。お兄ちゃんに教えると、「幼虫がアゲハチョウになるまで、一緒に育てよう」とお兄ちゃんは約束をしてくれた。
それから間もなくお兄ちゃんが事故で亡くなり、咲良と両親は深い悲しみにしずんでいた。なかなか立ち直ることができなかった。
つぎの年、4年生になった咲良は、同じ木にふたたびたまごを見つける。大好きなお兄ちゃんとの約束を守りたい。咲良は、もう一度たまごを育てることを、友だちの愛に相談した。
咲良と愛は、幼虫のえさになるミカンの木の葉っぱを、近所の苦手な苦虫じいさんからもらった。苦手だったおじいさんと打ち解けてきた咲良たちは、おじいさんの協力で幼虫にエサを十分にあげて育てることができた。
やがて、幼虫はさなぎになり、とうとうさなぎからアゲハチョウが羽化するときが……。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


黒須 高嶺さんのその他の作品

五七五 ぼくのとなりはブラジル人 / おはなしSDGs 貧困をなくそう みんなはアイスをなめている / ガリガリ君ができるまで / 五七五の冬 / スポーツのおはなし 野球 ぼくだけのファインプレー / ニュースからくらしまで絵と新聞でわかる平成時代



えほん新定番 from 好書好日

きっと、大丈夫

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット