新刊
ぐるぐるうごく しましまぐるぐる

ぐるぐるうごく しましまぐるぐる(学研)

赤ちゃんはうごくものが好き!累計250万突破の大人気シリーズから待望の新刊登場!

  • かわいい
  • ギフト
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
さよならのたからばこ

さよならのたからばこ

  • 児童書
著: 長崎 夏海
絵: ミヤハラヨウコ
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,320

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年06月21日
ISBN: 9784652204337

中学年〜
サイズ:A5変型判 ページ数:63ページ

みどころ

幼い友だちとの別れは、おとなのそれより、ずっと切ない。

青くて広い、空と海。
ガジュマルの木と、サトウキビ畑。
島で生まれ、島で育った小学二年の美波は、島を出て東京に引っ越すことになった。

もう、友だちと会えなくなってしまう。

島で過ごす最後の日、そのことを強く実感した美波は、心がからっぽになったように感じていた。

「洋生の顔がぱっとうかんだ。目をきらきらさせているいつもの顔だ。あえないまんまさよならなんていやだ」

いてもたってもいられなくなった美波は、いつもいっしょに遊んでいた友だちの洋生とお別れをするため、家を飛び出す──。

大切な友だちとさよならするための、せつなくもさわやかな一日を描いた一冊です。

美波が育った南の島の、暑い夏。そこには、たのしかったり、かわいかったり、きれいなものが、たくさん!
幼い視点を通して見る、島の自然の描写がおおきなみどころです。

強い夏の日差しと、すずしい海風。
サンゴや貝がらや、星の形の石。
美波と洋生をとりまく、みずみずしい自然の描写をうつくしいと思うほどに、島とお別れする美波の心の「からっぽな感じ」が、切実に胸にせまってきます。

物語終盤に美波と洋生がおとずれる、サトウキビ畑の真ん中に建つ倉庫の屋上。
倉庫によりそって生えるおおきなガジュマルの樹が木陰をつくるその場所で、ふたりはソーダ味のキャンディをかじりながら、遠く海の上で雷に光る、おおきな夏雲をながめます。
どこかなつかしく、幻想的なそのシーンは、この物語を読み終えてずっと時間が経ったあとにもふと思い出しそうなほど、印象的な光景です。

「からっぽは、すてきなものをいれるたからばこだったんだよ」

美波と洋生は、どんなさよならを交わすのか。
一日をとおして、美波のからっぽな心に入った「すてきなもの」とは。
いつまでもあたたかく心に残る、さよならのための物語です。

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

小学二年の美波(みなみ)は明日島から東京にひっこします。
お別れ会に来なかった洋生(ようせい)にばったり会い、二人でひとさがしをすることになりました。
いつも遊んでいた友だちとさよならするための大事な一日をえがきます。

編集者コメント
島から旅立つ女の子と島に残る男の子、ふたりのちょっと切ない別れを島の自然や風や雲が見守っているようなみずみずしいお話です。

ベストレビュー

ぜひ、夏休みに読んでみて

主人公と同じ小学2年生位が対象でしょうか
夏休みに読んでほしい作品のひとつです

夏休み明け、主人公の美波ちゃんは
島から東京に引っ越すようです
うれしいような、淋しいような
島の人たち、いろいろな世代との交流も
自然にできている地域のようです
気になるのは
お別れ会に来てくれなかった
友達の中の、洋生君
このまま、会えなくなるのかな・・・と

この洋生君との過ごす時間が「たからばこ」になるようです

「たからもの」って
「モノ」じゃないんだよね・・・

美波ちゃんの心のたからばこは、いっぱいです!!

行事とか集会とか嫌いな洋生君ですが
コミュニケーション能力や生きる力は
すごいなぁ〜と感心します

入道雲と稲光に、こんなことを言う洋生君
美波ちゃんを思ってのことなんでしょうね
なんて、いい子なんだろう〜
おばさんでも、心がときめいちゃいます〜(笑
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


長崎 夏海さんのその他の作品

レイナが島にやってきた! / 蒼とイルカと彫刻家 / セイルといっしょ 星空ぎゅいーん / おなかがギュルン / ふねにのっていきたいね / あらしのよるのばんごはん

ミヤハラヨウコさんのその他の作品

世界のはてのペンギン・ミステリー / 紙芝居 ぼくは もうどうけん マーク / 宇宙スパイウサギ大作戦(7) まぼろしの宇宙怪鳥 大接近?! / せんそうってなんだったの? / くまのごろりんと川のひみつ / ハセイルカのハルカが泳いだ日


絵本ナビホーム > > さよならのたからばこ

「はじめての」シリーズ累計発行100万部突破記念 てづかあけみさんインタビュー

さよならのたからばこ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット