新刊
だれかのプレゼント

だれかのプレゼント(文溪堂)

『100にんのサンタクロース』谷口智則さん待望の新作サンタ絵本

洞窟少年と犬のシロ

洞窟少年と犬のシロ

  • 児童書
著: 祓川 学
絵: ねもと きょうこ
出版社: ハート出版

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年07月05日
ISBN: 9784802401241

160ページ

出版社からの紹介

NHK連続ドラマ化! 民放で話題沸騰!
海外メディア(CNN、BBC)も取材に来た「洞窟オジさん」の少年時代物語

ひとりぼっちの家出少年と1匹の犬ー
戦後間もない日本にあった感動の実話

「シロ、ここがぼくたちの家だ。”隠れ家”かな」
世の中から隔絶した山の中で、毎日が狩猟と空腹とのたたかい。
それでも少年と犬は “心を通わせながら”生き続けた。


毎日、ぼくが頭の中に思い浮かべることは、ただひとつだけ。
ふっかふかの布団で寝ることでもなければ、お湯がいっぱいの五右衛門風呂に入ることでもない。
“食べ物を見つけること”
今日という一日を生きのびるために植物から動物でもなんでも食べられるものを
自分で探し出して確保しなければならないこと―、ただそれだけだった。
いつもシロを連れて山を登り、獲物を捕まえるためにワナをあちこちに仕掛けている。
だけどまったく獲物がとれないことなんて当たり前。
二日、三日間、食べ物がなくて空腹のまま過ごすことだってあるのだから。
(本文より)

この物語は、主人公の加村一馬さん自身が読者のみなさんに語りかけるよう一人称の表現方法にしてみました。
執筆する前、作者の私(祓川)は加村さんとお会いして少年時代に体験された出来事をなんども取材を重ねていく中で、
加村さんが「ぼく」として語るのが読者のみなさんに言葉が届き、心に響くと思ったからです。
少年だった加村一馬さんと愛犬のシロが、洞窟や山でどのような生活をして時間を過ごしたのか、
物語からみなさんもいっしょに感じていただければ、作者として幸せです。
きっと想像もしなかった世界が待ち受けていると思います。(はじめにより)

もくじ

はじめに
お墓でひとりぼっち
シロがやってきた
家出
ひとり、足尾銅山を目ざす
サバイバル生活がはじまった
食べ物を探せ
シロがウサギを捕まえてきた
イノシシとのたたかい
命を救ってくれたシロ
さようなら、シロ
たったひとりのたたかい
ぼくの帰る場所
あとがき

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


祓川 学さんのその他の作品

恐竜ガールと情熱博士と 福井県立恐竜博物館、誕生秘話 / 平成の天皇 / 兵隊さんに愛されたヒョウのハチ



人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

洞窟少年と犬のシロ

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット