宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
14ひきのもちつき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

14ひきのもちつき

  • 絵本
作・絵: いわむら かずお
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

絵本クラブ
発行日: 2007年11月
ISBN: 9784494007950

3歳〜
B5判/26.6×19cm 32頁

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


いわむらかずおさんにインタビューしました!

みどころ

いつも季節感あふれる自然を背景に、14ひきの様子をじっくり眺めながら読んでいくのが楽しみな絵本14ひきのシリーズ。待望の新刊が出ました!

これがなんだか、時期的にタイミングがぴったり。
来年の干支の「ねずみくん」たちが、おもちつきをするんですから。
今年のお正月に読む絵本、決まりましたね。

朝早くから準備が始まって、一日かけておもちを味わうまでが「14ひき〜」らしく
丁寧に描かれていきます。
そういえば「おもちつき」の準備の仕方ってよく知らない。
お米の下準備や、ついたおもちをのす方法、おもちのつき方までしっかり分かります。
へぇー、うすの下にわらのざぶとんをしくんだ・・・なんて発見もいっぱい。
もう読者にお馴染みの、いっくんからとっくんまで子供達が、それぞれ何をしているのか目で追っているうちに、気分はすっかり家族の一員。

こんなにうきうきする行事を家族でできるなんて、やっぱり大家族っていいなぁ・・・素直にうらやましくなってしまった今作なのでした。

「14ひきシリーズ」のファンの方なら知っている方も多いと思うけど、表紙カバーをはずすとちょっと絵が違う!(今回も勿論。)この違いも楽しんでね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

薪をわるおとうさん。かまどに火を入れたおじいさん。おばあさんとおかあさんは、お米の準備。子どもたちも起きてきて、お手伝いします。さあ、いよいよおもちつき。ぺったんとったん、どんなおもちができたかな?

ベストレビュー

大家族って良いな

先日、息子の幼稚園でおもちつきがありました。とっても楽しかったようなので、お餅つきに関する絵本がほしいなと思い、さがしていました。
14ひきシリーズは知っていましたが、読んだのはこれが初めてです。
家族総出の大仕事なのに、せわしない感じが全くなくて、時間がゆったりと流れているような文章が好きです。
お正月にぴったりの本です。
1冊読んだだけなのに、このシリーズのほかの本もそろえたくなりました!
(真冬さん 20代・ママ 男の子4歳、男の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いわむら かずおさんのその他の作品

うそみーるめがね / はこぶ / りんごがひとつ / とっくんトラックもりへぶぶー / 14ひきのポケットえほん かぼちゃセット(3冊セット) / ポケットえほん 14ひきのあきまつり



『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

14ひきのもちつき



全ページためしよみ
年齢別絵本セット