話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
「ほんとのこと」は、親にはいえない 子どもの言葉を生み出す対話

「ほんとのこと」は、親にはいえない 子どもの言葉を生み出す対話

著: 木村 泰子
出版社: 家の光協会

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年03月17日
ISBN: 9784259566845

192ページ

出版社からの紹介

ほめる、しかるを「問いかけ」に変える。
「みんなの学校(大阪市立大空小学校 )」の初代校長による、親と子のコミュニケーション論。
「いつも怒ってしまう」、「反抗的な子の態度に、どう接すればいいかわからない」など、子どもとの関係に悩む大人に読んでほしい!
45年間教育の現場でたくさんの子どもたちと対話を重ねてきた木村先生。
対話とは、「自分と意見の違う相手の考えを受け取って、自分のものでも相手のものでもない新しい考えをつくっていくこと」と先生は言います。
対話の目的は何なのか、どうすれば対話が成立するのか。
子どもとの関わり方で大切なことを伝えます。

【目次】
●第1章  子どもが親に忖度するとき
子どもは親には自分を見せない。学校にいけない子、暴力をふるう子、いじめに遭っている子…、子どもの心を知る。
〇子どもは行けない自分が悪いと思ってる。子どもは100%悪くない。
〇無理して学校に行かなくても家で学べばいい?
〇自分は一人ぼっちだと思ってしまったとき、子どもは死んでしまう。

●第2章 それ、上から目線です
親が上から目線で子どもに言うことを聞かせようとしている姿、子どもを支配しようとしている姿、対話になっていない会話。親が自分の姿に気づく。
〇どうしたら言うことを聞いてくれる?と考えているあいだは子どもは育たない。
○「あなたのために」が子どもを追い詰める。
〇ほめて育てたら自己肯定感は育まれる?

●第3章 まわりを気にして、このままでいますか
大人の役割。同調圧力にのまれずに、風評を流さない大人に。考えない、見ようとしない、知らんふりでいいのか。子育てとは自分が変わること。
〇「ごめんね」「いいよ」は、もうやめよ。「納得」しない限り子どもは変わらない。
〇校則や学習ルールを守らせていても主体性は育ちません。〇多数決が「ふつうの子」をつくってきた。 他

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


木村 泰子さんのその他の作品

学校の未来はここから始まる 学校を変える、本気の教育論議 ガッコウヲカエルホンキノキョウイクロンギ / 「みんなの学校」から社会を変える 障害のある子を排除しない教育への道 / 「みんなの学校」が教えてくれたこと / 新装版 ぱっくんおおかみのえほん(全5巻) / ぱっくんおおかみ おとうさんににてる / かいぶつになっちゃった


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 日本文学、評論、随筆、その他 > 「ほんとのこと」は、親にはいえない 子どもの言葉を生み出す対話

編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット