話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
ロサリンドとこじか

ロサリンドとこじか

  • 絵本
作: エルサ・ベスコフ
訳: 石井 登志子
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年08月20日
ISBN: 9784198653439

3〜5歳
210mm×270mm 32ページ

出版社からの紹介

スウェーデンを代表する絵本作家
エルサ・ベスコフの名作絵本。

ある日おんなの子は、
おじいちゃんといっしょに、
えほんをつくることにしました。
それは、こんなおはなしです。

さわやかな、夏のはじめのある日。
ロサリンドというおんなの子が
草原で、こじかとなかよくすごしていました。
ところが、りょうしのてっぽうの音におどろいて、
こじかがもりへにげだしてしまい……?

初夏の森を舞台に、
やさしい少女と可憐なこじかの絆をえがいた、
スウェーデンを代表する絵本作家
エルサ・ベスコフの名作絵本。

ベストレビュー

エルサ・ベスコフ

「3人のおばさん」シリーズや『ペレのあたらしいふく』など、エルサ・ベスコフの絵本はどれも大好きなので、こちらも読みたいと思いました。
おじいちゃんとロサリンドが、庭でおしゃべりしながら作った物語。イラストもストーリーも可愛らしくて、キュンキュンしてしまいました。
ラストは物語から現実には戻らず……。なんだか物語の中にずっといれるような気分になりました。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子17歳、女の子14歳、男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かえるのはなび
    かえるのはなびの試し読みができます!
    かえるのはなび
    作・絵:長 新太 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    花火作り名人のかえるが花火大会の準備をしていると、ゾウが花火を鼻の中に入れてしまい……?!

エルサ・ベスコフさんのその他の作品

ロサリンドの庭 / リーサの庭の花まつり / カイとカイサのぼうけん / 雪のおしろへいったウッレ / クローカ博士の発明 ベスコフ童話集 / きみ どこへゆくの? ―スウェーデンの子どものうた―

石井 登志子さんのその他の作品

やかまし村はいつもにぎやか / やかまし村の春夏秋冬 / やかまし村の子どもたち / 決定版 長くつ下のピッピの本 / リンドグレーンの戦争日記 / ひみつのいもうと


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > ロサリンドとこじか

20周年記念えほん祭 ベストボロボロ絵本コンテスト受賞者決定!

ロサリンドとこじか

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット