話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
話題
PUI PUI モルカー かるた

PUI PUI モルカー かるた(フレーベル館)

『PUI PUI モルカー』の名場面がかるたに! みんないっしょにモルあがれ!

  • 笑える
  • 盛り上がる
鬼ばばの島

鬼ばばの島

  • 児童書
著: 今井 恭子
絵: 阿部 結
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年09月16日
ISBN: 9784092893153

小学全般
98ページ

みどころ

“大海原のどまん中、まめつぶほどの小島に、鬼ばばはくらしていた。

その体は海を立って歩くほど大きく、ヤブのようなもしゃもしゃの髪を海にひたせば、そこにたくさんの魚が引っかかる。

クジラを取って食うほどに強く、その力は、山を叩けばぺしゃんと潰してしまうほど。

おばばに、家族はなかった。

父親のことは、ぺろりと食べてしまった。きびしい飢えをしのぎ、我が子に乳を飲ますため。

そんな子どものことも、住みやすかろう南へ捨てた。鬼ばばの子は大食らいで、ふたりで住めば島が潰れる。

「かまわんとならんもんが、おらんのはええ。いつくたばってもええ」

それが口癖のおばばは、なにも持たず、たったひとりで生きていた。

そのはず、だったのに。”

しずかに生きるおばばの元へ、流れてきたのはひとりの若者。潮の流れのせいで、もう帰ることはできないと知らされた若者は、おばばと共に島で暮らす。おばばもかいがいしく若者の世話を焼くが、彼は、いつも彼方の故郷に焦がれていた──「やっかいなもん、ひろうてしもた」

おばばが出会ったのは、クジラの腹から飛び出した、ひとりの子ども。その子は「生きているものを殺したくない」と、魚を食べようとせず、次第にやせ細っていった。「それなら人間の土地で、坊主になるほかない」、そう考えたおばばは、危険を犯して人間の暮らす土地へ向かう──「なさけないもん、ひろうてしもた」

他二篇を収録した、鬼ばばと漂流者との出会いを描いた短編集。

ひとりで生きることを良しとし、招かれざる同居人をうとましく思うおばばですが、それというのも、その扱いや行く末に悩むがゆえのこと。

「かまわんとならんもんが、おらんのはええ」

おばばの口癖は、裏を返せば「誰かがいれば世話を焼いてしまう」という、やさしい人柄の表れです。

「男が弱気になると、おばばはひそかにうろたえた。のどが、ひくひくふるえた。どうしてよいやら、わからないから、自分に腹が立った。
男が遠くをながめていると、胸の底がちんと冷えた」

「毎夜おばばは、さぶん、さぶん、波のつぶやきを聞きながら、もそもそ起きあがっては、ねむりこけた子どものひたいをなでた」

「秋の海はひんやりしていたが、犬がふせているへそのあたりだけは、ぽちりとあたたかかった」

オノマトペや、細かな風景描写にさえおばばの秘める人の良さがにじみ出ていて、ほほ笑ましい作品です。

しかし、本作で特に胸に刺さったのは、おばばのやさしさよりも、その怒りです。それは、鬼ばばの住む島に宝があると思い込んでやってきた、人間たちに対して抱いたもの。

父さえ、子さえ捨てて、それでも生きてきた自分が、いったい何を持っているというのか──

島に侵入した盗人たちを前に、腹もはち切れんばかりのおおきな怒りを抱いたおばばは、どうするのか?

その決断のやるせなさ、やりきれなさに、つよく胸を締めつけられました。

結末の先の余韻まで、切なさ香る一冊です。

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

すべてをすてても、やさしさはすてられない

青海原の小さな島に、大きな鬼ばばが一人くらしていた。
「かまわんとならんもんが、おらんのはええ」と言いながらも、島に流れ着くあれやこれやをついつい拾って世話してしまう・・・・・・。
第1章 やっかいなもん、ひろうてしもた
第2章 とんでもないもん、ひろうてしもた
第3章 なさけないもん、ひろうてしもた
第4章 うっとうしいもん、ひろうてしもた
あるがままに生きるおそろしい鬼ばばの、愛情深い4つの物語。


【編集担当からのおすすめ情報】
小学生から大人のかたまで、広くお手にとっていただきたい、心に響く物語です。

ベストレビュー

すごいものを読んでしまいました

4つのお話の中で、実はやさしい鬼ばばの姿が浮き上がってくるのですが、阿部結さんの絵と、導入部分のエピソードのインパクトが強すぎました。
小さな島で暮らす巨人のような鬼ばばは、食べるものに困って、小さなお父をぺろりと食べてしまいました。食料が足りないと、小さな赤ん坊を遠くに投げ飛ばしてしまいました。
優しさからは程遠い鬼ばばなのに、流れついた男、老婆、子どもにはなぜか優しいのです。流れついた犬にまで優しいのです。
それは悪行についての贖罪でしょうか。
荒々しく描かれる物語はきれいごとにはならないのですが、変わろうとしている鬼ばばに光を見ました。
誰にも理解されないだろう行動に哀愁を感じました。
でも、こんな不器用な生き方には、どうしても気を緩めてしまいます。
(ヒラP21さん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


今井 恭子さんのその他の作品

キダマッチ先生!(6) 先生 ヘソを 曲げる / 縄文の狼 / キダマッチ先生!(5) 息子 ナマズに なる!? / ギフト、ぼくの場合 / キダマッチ先生!(4) 先生 町へ いく / キダマッチ先生!(3) 先生 手紙を かく

阿部 結さんのその他の作品

おおきなかぜのよる / ねたふりゆうちゃん / あいたいな



人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

鬼ばばの島

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット