新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

サンタクロースの冬やすみ

サンタクロースの冬やすみ

  • 絵本
作: マウリ・クンナス
訳: いながき みはる
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,980

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2021年10月15日
ISBN: 9784033485805

3〜5歳
300mm×240mm 39ページ

みどころ

サンタクロースと小人たちがすむサンタ村では、プレゼントくばりが終わると13日間冬休みになります。その間はサンタ村のおもちゃ工場も郵便局もすべておやすみ。さあ、いよいよサンタ村の冬やすみがはじまります。サンタクロースと小人たちは、いったいどんなことをして過ごすのでしょう?

12月25日は一年で一番ゆっくりできる朝。今日は小人たちも小さなプレゼントが一つずつもらえます。
12月26日は「馬のそりにのる日」。馬が引くそりに乗ってお出かけし、ダンスパーティを楽しみます。
12月27日は「劇をみる日」。プレゼントを配り終えて空っぽになったサンタ村の巨大なおもちゃ倉庫で、サンタ劇団が劇を見せてくれます。
こんなふうに、サンタ村の冬休みの1日1日を、日めくりカレンダーのように紹介。普段は見られない、サンタクロースのオフの姿を知ることができます。

プレゼントを準備する小人たちとサンタクロースの忙しい日々を描いた大人気クリスマス絵本『サンタクロースと小人たち』の39年ぶりの続編! 前作同様、細かく描かれたユーモラスなイラストは、見ているだけでウキウキしてきます。あるページには、作者マウリ・クンナスが生んだ人気キャラクター「ぐっすりメーメさん」もいましたよ!子どもも大人も一緒に、ページの隅々まで楽しんでください。

(出合聡美  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

サンタクロースと小人たちは、世界中の子どもたちにクリスマスプレゼントをくばりおえ、コルバトントリという山の麓にある秘密の村にもどってきました。
12月25日から1月6日までは、冬休み!
クリスマスパーティーや年越しの行事はもちろん、いたずらの日、スキーの日、雪遊びの日などもあり、大人も子どももみんな、思う存分、楽しみます。
細かく描かれた絵をじっくり見ると、思わぬ発見があるかもしれません!
『サンタクロースと小人たち』でおなじみ、マウリ・クンナスの新作絵本です。

サンタクロースの冬やすみ

ベストレビュー

これは楽しい!!

サンタクロースたちはクリスマスイブの夜に世界中の子供たちにプレゼントを配り終えた後、何しているんだろう?
そんな疑問がこの1冊で解決ですね。
サンタクロースにだって冬休みはあるのですね。
イラストも楽しくて見ていてわくわくしてくる絵本です。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マウリ・クンナスさんのその他の作品

わんわん丘に冬がきた! / ぐっすりメーメさんのワードブック / わんわん丘のゆかいな昔話 / ぐっすりメーメさんのロックばんざい! / ぐっすりメーメさんとあらくれアリー / ぐっすりメーメさんの世界旅行

いながき みはるさんのその他の作品

タトゥとパトゥのへんてこドリーム / フィンランドの小人たちトントゥ / ぐっすりメーメさん夜のおさんぽ? / わすれられないクリスマス / タトゥとパトゥのへんてこマシン / サンタと小人の国のお話集


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > サンタクロースの冬やすみ

ボロボロ絵本コンテスト開催中!

サンタクロースの冬やすみ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット