新刊
ぐるぐるうごく しましまぐるぐる

ぐるぐるうごく しましまぐるぐる(学研)

赤ちゃんはうごくものが好き!累計250万突破の大人気シリーズから待望の新刊登場!

  • かわいい
  • ギフト
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
海について知っておくべき100のこと インフォグラフィックスで学ぶ楽しいサイエンス

海について知っておくべき100のこと インフォグラフィックスで学ぶ楽しいサイエンス

  • 絵本
訳・監修: 竹内 薫
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年09月14日
ISBN: 9784097251118

高校
128ページ

出版社からの紹介

見るだけでわかる海の謎と不思議と環境問題

難解な事柄や膨大なデータを絵や図版でやさしく解説する『インフォグラフィックスで学ぶ○○について知っておくべき100のこと』シリーズの第9弾。

本書では、地球に棲む生物の命の源である「海」を取り上げます。

広大な海でみられるさまざまな自然現象や、海に棲む生物たちの変わった生態などを、眺めるだけで理解できるインフォグラフィックスの手法を用いて、やさしく解説します。

また、我々人類が海と共に生きていくために工夫してきた、造船技術や航海術の歴史などについても紹介しています。

更に現代社会が直面している、海洋汚染の問題も取り上げ、海を守ることの大切さを説明していますので、SDGs教育の一環として、子ども達にぜひ読んでもらいたい1冊です。

◆主なトピックス

・寝るときにパジャマを着る魚がいる
・太平洋上のゴミは1か所に集まり、その面積はフランス国土のおよそ3倍ある
・海底に、ゴジラ・モスラという名の噴出孔がある
・使用済み人工衛星の墓場が太平洋にある
・海に漂う小さなプラスチックの破片は、天の川の星より多い
・東日本大震災で、300種類以上の海洋生物がアメリカに渡った
など。






【編集担当からのおすすめ情報】
広い海には、まだまだ秘密が隠されています。「主なトピックス」では書き切れなかったエピソードを追加で紹介します。

・大西洋は大きな環流があり、目的地によっては真っ直ぐ向かわない方が早く着く。

・赤道には何週間も風の吹かない「無風地帯」が存在し、昔の船乗りを苦しめた。

・津波はレーシングカーや新幹線より速く移動する。

・ヤドカリは共生していたイソギンチャクをつれて別の貝殻に引っ越しをする。

・マッコウクジラは立って寝る。

・我々が必要な酸素をつくっているのはたった1種類の植物プランクトン。

などなど、海には面白エピソードがいっぱい。

本書には、海洋はもちろん、造船技術、海洋生物、海洋地質など、海にまつわるあらゆる学問の入り口が用意されていますので、子ども達の知識と好奇心を養うのに最適です。

特に、本書で紹介している海の汚染問題については、今すぐにでも考えなければならない大切な事柄です。

親子で読んで、海と地球の未来について考えるきっかけにしていただければと思います。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


竹内 薫さんのその他の作品

大人の算数やりなおしドリル 改訂版 / この星を救うために知っておくべき100のこと インフォグラフィックスで学ぶ楽しいサイエンス / WHAT IS LIFE?(ホワット・イズ・ライフ?)生命とは何か / 細菌ラボ 感染症とたたかう研究所 / 世界を変えた 知っておくべき100人の発見 インフォグラフィックスで学ぶ楽しいサイエンス / 中高生の悩みを「理系センス」で解決する40のヒント


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 自然科学総記 > 海について知っておくべき100のこと インフォグラフィックスで学ぶ楽しいサイエンス

えほん新定番 from 好書好日

海について知っておくべき100のこと インフォグラフィックスで学ぶ楽しいサイエンス

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット