ぼんやきゅう ぼんやきゅう
文: 指田 和 絵: 長谷川 義史  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
亡くなったひとたちと、いまを生きているものとの交信、それが、盆野球。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
落語絵本12 ときそば
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

落語絵本12 ときそば

  • 絵本
作・絵: 川端 誠
出版社: クレヨンハウス

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「落語絵本12 ときそば」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2007年12月
ISBN: 9784861010927

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


「落語絵本制作のひみつ」新作の完成まで!

出版社からの紹介

屋台のそば屋に立ち寄った男、そば屋をおだてるだけおだてて、そばをたいらげ、さて、お勘定となり…。わざわざ「いくらだい?」と聞き、小銭しかないからと、1枚ずつ出しながら「いま何時だい?」と聞き、そばの支払いをごまかそうとしますが…。

★ひとこと秘話
絵本にはしづらい噺として、一度はお蔵入りしたことも。…というのも場面は夜のみ。
しかし川端さん、見事に、夜の闇を描きわけています!行灯と提灯をともした屋台のそば屋が真っ暗闇に照らしだされ、闇の濃さや通りの気配で、午前零時と夜十時の違いが、表現されています。

ベストレビュー

今,何どきだい?

寒い夜,屋台のそば屋に立ち寄った男。
「器がいいね」「いいだしを使ってるね」「そばのコシが強くてうまいね」…と,さんざんそば屋をおだててお勘定。
一枚ずつ小銭を出します。
「一つ,二つ,三つ,四つ,五つ,六つ,七つ,八つ…今,何どきだい?」
「へぇ,九つで」
「十,十一,十二…」
あれ? なんだかヘン!?
落語の楽しさが味わえる1冊。

読み聞かせをする際は,練習が必要。
できれば,本物の落語を聞いておくと,より一層イメージが湧きます。
毎年,大人気の1冊です。
(小豆のおはぎさん 50代・せんせい )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


川端 誠さんのその他の作品

らくごえほん ごんべえだぬき / らくごえほん てんしき / 伊賀のキャベ丸 / お化けのおもてなし / 野菜忍列伝其の五 風雲しょうが丸 / 風来坊の子守歌


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 絵画・彫刻 > 落語絵本12 ときそば

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<後編>

落語絵本12 ときそば

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.7

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット