新刊
新装版 スノーマン

新装版 スノーマン(評論社)

名作『ゆきだるま』が装いをあらたに!

  • かわいい
  • ギフト
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
鬼が出た

鬼が出た

  • 絵本
作: 大西廣
絵: 梶山 俊夫
出版社: 福音館書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1989年
ISBN: 9784834010015

自分で読むなら・ 小学中学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

鬼といえば、こわいもの、悪いものの代表のようにいわれていますが、そのほんとうの姿はあんがいしられていません。ふるい図像を手がかりに鬼本来の姿をさぐっていく『鬼の百科』。

ベストレビュー

人間は誰でも一度は鬼になる

1987年刊行。日本に伝わる鬼の絵や彫刻、写真、物語などを通して、鬼という存在についてあれこれ研究してみる絵本。世界の鬼も紹介。

人は一度は鬼になる、という衝撃的な言葉は、子どもの鬼ごっこの鬼、という意味で本文には書かれていた。昔の地獄の絵で、亡者を襲う鬼と、亡者を守るお地蔵様の構図が、鬼ごっこをしている子どもたちの絵にそっくりだ。
地獄は、亡者にとっては恐ろしい場所だが、そこで働く鬼も休むことなく働かねばならない上、閻魔大王に監視されているという。まるでブラック企業。誰も幸せにならない構図。
今は鬼とされているが、もとは仏教伝来前の地元の神様だった、とか、その辺に住んでいるとか、天の国にもいるとか、その辺は鬼だらけ。人間も鬼になったり、鬼が鬼を退治したり、いろいろなケースがありすぎて、生粋の鬼というほうが珍しいように思えた。

幸せをもたらす鬼というのもあって、不思議。

案外、鬼というのは身近な存在なのだとわかった。
日本では昔から、人は鬼と一緒に暮らしてきたのだ。
(渡辺諦さん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


梶山 俊夫さんのその他の作品

かえるのごほうび 絵巻「鳥獣人物戯画」より / わらしべちょうじゃ / こどものとも 日本の昔話 おんちょろちょろ / 千本松原 / におい山脈 / さるとびっき



人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

鬼が出た

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.75

何歳のお子さんに読んだ?

パパの声 1人

パパの声一覧へ

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット