話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
せんろはつづく にほんいっしゅう

せんろはつづく にほんいっしゅう

  • 絵本
文・絵: 鈴木 まもる
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年09月25日
ISBN: 9784323024721

幼児から
判型(サイズ) 23.6×24.5cm ページ数 32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

一つずつ線路をつなげるところから始まった、大人気「せんろはつづく」シリーズ。少しずつスケールも種類も広がっていき、いよいよ最新作第4弾では日本を一周してしまいます!

東京から出発。登場するのは、新幹線、電車、機関車……大好きな列車が500以上。日本地図を12に分けて、地域別に電車を紹介しながら、どんどん遠くへと移動していきます。日本には本当に色々な列車が走っていますからね。次々に乗り換えていけば、どこにだって行けてしまうのです。

作者の鈴木まもるさんは「とにかく、どこかへ行きたいという生物としての本能があるから、乗り物絵本を好きになるのだ」と言います。しばらくは実際に旅に出る機会が減ってしまいましたが、絵本の中でだって、しっかりとプランを組み立て、想像の力だけで乗り物の旅に出発することができるのです。そうやって楽しみきった後、いつか絵本を片手に日本一周を達成してしまう子どもたちもいるかもしれませんよね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

ロングセラー絵本「せんろはつづく」シリーズ、待望の第4弾!
日本全国の列車、大集合!
しんかんせん、でんしゃ、きかんしゃ… だいすきな れっしゃが 500以上!

東京を出発して、日本を一周する鉄道の旅絵本。新幹線、電車、貨物列車など、日本全国の鉄道をスピード感あふれるイラストで500以上紹介。各地の駅弁や都道府県の鳥も楽しく掲載。鉄道が大好きな子どもも大人も大満足!


■□■作者・鈴木まもるさんのメッセージ■□■

『せんろはつづく にほんいっしゅう』制作ノート

 電車の絵本は、新型車種が良く出る。地域性がある(たとえば九州地方の電車は、ほかの地方では見ることができません)ということで、なかなか主人公的な形にできません。ライトを目にして顔のように擬人化したものにする気もないので、なかなか絵本にできませんでした。その辺をクリアして描いたのが「でんしゃがきた」(偕成社)と3月11日の後、福島にガソリンを運んだ「はしれディーゼルきかんしゃデーデ」(童心社)でした。

 そんな中、新たに電車の絵本を考えていて、そうだ日本中の電車を全部描いちゃえば、今の日本に住む人の暮らしや今の日本が感じられる絵本になるかと思いつき、作り始めたら、これは「せんろはつづく」の進化系だと思い、このシリーズの子どもたちに集まってもらいました。1作目で広い世界に線路を引き、トンネルや鉄橋を作り、2作目で、さらなる状況に適応して、技術を磨き、3作目で貨物列車、寝台車など電車事体の多様性を描き、今回それがどう今の現実の日本で走っているのか、という必然性の流れで出来上がったのだと思います。と、むつかしく考えてできたわけではなく、ただただたくさん描きたかっただけで、あとから正当化というか言葉化するとこうなのかと思うだけですが…。でも、描きだして、こんなに、いろいろな形の電車が多いとは夢にも思いませんでした。でも、決めちゃったから、あとは描くだけです。

 とにかく、どこかへ行きたいという生物としての本能があるから、乗り物絵本を好きになるのだと思います。人の暮らしがあり、電車があります。日本の、山あり谷ありの自然の中で、昔の人たちが列車を走らせようとした結晶が今の線路と列車の数々だと思います。ですから、この絵本は最新の電車カタログとして描いたものではありません。2021年3月の時刻表をもとにしましたが、いろいろな電車を描きたかったので、少し昔のも入っているし、この先使われなくなる電車も当然あると思います。駅弁も季節によって中身が違うこともあります。昔なつかしい駅弁も描きました。絵本の形に合わせたので、駅と駅の間の、距離や方向は実際と少し違います。スペースの関係で、実際とは違う場所に電車を描いたり、線路が消えている場合もあります。日本に生きている多くの人々の暮らしと、旅の楽しさを感じる絵本にしたいと思い絵を描きました。

 コロナで外出できず、Stay homeの間、この絵本を見て、「この電車に乗って、この電車に乗り換えて海に行こう」とか「この駅で降りて駅弁買って食べよう」とか、いろいろ想像の翼を広げ、コロナが終わったら、この絵本をもって旅に出る子がいたらうれしいです。
                                              <鈴木まもる>

ベストレビュー

シリーズの最新作

せんろはつづくシリーズはとても夢があり、電車が好きな子どもも、そうでない子どもも大好きになる、魅力溢れる絵本です。その最新作が出たということを新聞で知り、即座に購入しました。

今回はすずきまもるさんがお話も絵も担当されているということで、いつもとは少し違うのかな?と興味を持ってページを開きました。

これまでの3作をイメージしていた私からすると、少しイメージが違いました。まず、文字数が多く、対象年齢もぐっと上がります。線路をどんどん作っていったり、橋を作っていったり…というストーリー展開が好きだったので、そのようなストーリーではありません。

いつものこびとたちが登場するものの、ものがたりではなく、日本の鉄道を北から南まで詳しく説明してくれているといった絵本です。
タイトルにあるように、日本一周するので情報が盛り沢山で電車が大好きなお子さんはきっと、沢山の電車が出てきてワクワクするでしょう!

すずきまもるさんが、どれだけ電車、鉄道を愛されているのか…とてもよく伝わってきます。
また、コロナ禍で旅に出られない中、この絵本を見たら旅をしている気分も味わえるでしょう。
細かな絵や説明も小さな字でたくさん書かれているので図鑑を見ているかのようです。
どのページもたくさんの電車が乗っていて、電車が好きな子はいつまでも眺めていられそうです。

反対に、電車にそれほど興味がない子どもには、これまでの3シリーズとは違う印象を受けるかもしれません。
(Pocketさん 40代・ママ 女の子19歳、男の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


鈴木 まもるさんのその他の作品

としょかんのきょうりゅう / なんでもレストラン / なにしてるの? / はたらくじどうしゃ / あるヘラジカの物語 / かじをけすじどうしゃ


絵本ナビホーム > > せんろはつづく にほんいっしゅう

『ふしぎな森のものがたり』あいはらひろゆきさん&ちゅうがんじたかむさんインタビュー

せんろはつづく にほんいっしゅう

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット