新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
いなばのしろうさぎ

いなばのしろうさぎ

  • 絵本
文: ふしみ みさを
絵: ポール・コックス
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,980

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年11月02日
ISBN: 9784265088430

小学低学年
32ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

とおいとおい昔のこと。出雲の国に、大国主というたいそうやさしい神様がいました。
意地悪な兄たちの荷物もちとして、美しいと評判のひめの暮らす因幡の国へと出かけていきます。
その途中、大国主は体の皮を剥がされてで泣いているうさぎに出会い、わけを聞きます。

日本の神話「いなばのしろうさぎ」は、小学校の教科書にも掲載されている有名なおはなしです。この後、大国主は様々な試練を乗り越え、兄神たちを退けて地上の主となるのですが、神として成長していく最初のおはなしとして位置付けられています。

翻訳者ふしみみさをさんが語る「日本の神話えほん」シリーズの3作目。やさしい言葉で綴られた文章は、とても読みやすくてわかりやすい。初めて神話に出会う子どもや今まで馴染みのなかった人も、無理なくおはなしに入り込めそうです。

イラストを描くのは、フランスを中心に世界で活躍する画家ポール・コックスさん。古事記の世界に魅了されたポールさんが、日本美術や歌舞伎の舞台美術からインスピレーションを受けて描いた世界は、色鮮やかで美しく、洗練されています。今まで見たことのない新しい日本神話の世界をぜひ堪能してください。

(出合聡美  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

出雲国の大国主という神様には80人もの兄弟がいました。皆で八上姫に結婚を申し込むため長い旅に出ました。すると毛皮を剥がれたうさぎを見つけ…古事記の中の神話物語。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ふしみ みさをさんのその他の作品

ぞうになったうそ / わくわく どうぶつ しょうがっこう / うみさちひこ やまさちひこ / もみのきむらの クリスマス / ぼくの! わたしの! いや、おれの! / フンコロガシといしころ ころころころころうみへいく

ポール・コックスさんのその他の作品

ヘビと船長―フランス・バスクのむかしばなし / やまたのおろち / あまのいわや / ポール・コックス デザイン&アート / えのはなし / まねまね鳥がやってきた!



人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

いなばのしろうさぎ

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット