話題
PUI PUI モルカー かるた

PUI PUI モルカー かるた(フレーベル館)

『PUI PUI モルカー』の名場面がかるたに! みんないっしょにモルあがれ!

  • 笑える
  • 盛り上がる
ロングセラー
どんぐりむらのいちねんかん

どんぐりむらのいちねんかん(学研)

プレゼントキャンペーン〆切迫る!あたらしい年に読みたい1冊!

  • 学べる
  • 役立つ
ピンクはおとこのこのいろ

ピンクはおとこのこのいろ

  • 絵本
作: ロブ・パールマン
絵: イダ・カバン
訳: ロバート・キャンベル
出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年11月18日
ISBN: 9784041101674

230mm×235mm 40ページ

出版社からの紹介

ピンクは女の子の色?男の子の色?
いいえ、すべての色はすべての人のもの。

SDGsの目標のひとつに掲げられた「ジェンダー平等を実現しよう」
色をテーマに、やさしい絵と文章でえがかれています。
日本文学研究者であり、様々なメディアで活躍するロバート キャンベル氏による翻訳。

―――――
好き嫌いは、あって当たり前だけれど、最初から人に「それ、好きになっちゃダメでしょ」とか言われるのはどうかなと思う。好きになったらとことん好き!好きなものはお友だちにもシェアしてあげたい。いろんな色で遊び、自分に取り込み、時々取り替えっこすることほど楽しいことはないでしょ。大きくなって、みんなのパレットが広がっていけばいいなと思いながら、この本を翻訳してみました。色があって、生きることって、素敵だね。

日本文学研究者 ロバート キャンベル
―――――

※この本は環境に配慮した資材を使用しています。

ベストレビュー

ピンクが好きって決めないで

「ピンクが好きって決めないで」は、別の絵本のタイトルですが、どうしてピンクと聞くと、心ざわめくのでしょう。
それは、ピンクが連想させる化粧品や「女らしさ」という、人がつちかってきた、象徴的なレッテルのせいでしょう。
だから、男がピンクを身につけるとき、何か決意表明のような重さを持つのです。

この絵本のように、何色が好きかならば、男も女も関係ありません。好きになっていけない色なんて、そもそもありません。
男らしい色、女らしい色って、その色を使われたモノが勝手に差別化しているだけですから。

この絵本、タイトルと内容がちぐはぐに思えるのは、どうしてでしょう。
考えさせられました。
(ヒラP21さん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ロバート・キャンベルさんのその他の作品

日本古典と感染症 / 外国人が教えてくれた!私が感動したニッポンの文化 第2巻  / 外国人が教えてくれた!私が感動したニッポンの文化 第1巻


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > ピンクはおとこのこのいろ

人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

ピンクはおとこのこのいろ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット