話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
ワニのガルド

ワニのガルド(偕成社)

おーなり由子が描く、さびしい人だけに見えるワニと女の子のお話。

  • ためしよみ
ヤマネのぼうやはねむれない!?

ヤマネのぼうやはねむれない!?

  • 絵本
文: ザビーネ・ボールマン
絵: ケルスティン・シェーネ
訳: 若松 宣子
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年11月12日
ISBN: 9784865492569

3〜5歳
220mm×270mm 25ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

子どもたちにとって「ねむれない」のは切実な問題。そしてそれは、寝かしつけをする親にとっても、常に頭を悩ませますよね。世界一長く眠るといわれるヤマネのぼうやも、ねむれなくて困っているようです。

冬ごもりの季節。ヤマネのぼうやも眠る頃です。でも、目を閉じて丸まってみても、ねがえりをうっても、あくびをしてもねむくなりません。もりの動物たちがやってきて「ヒツジをかぞえてごらん」「こもりうたはどうかな?」「おはなしはどうかな?」とアドバイスをくれますが、みんな自分が先に眠くなってしまいます。けれどその時、ヤマネのぼうやはいいことを思いつきました。

こちらは10カ国以上で翻訳された、ドイツ発の人気絵本の日本版。きっと日本の子どもたちの眠りも助けてくれるはずです。このおはなしに登場するヤマネのぼうやは「オオヤマネ」。世界で一番大きなヤマネで、7ヶ月も冬眠できるいちばんの「ねぼすけヤマネ」なのだそう。ヤマネ研究家の湊秋作先生によるヤマネの解説も併せてお楽しみくださいね。

(出合聡美  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

ヤマネたちが冬ごもりの季節を迎えました。でも、ヤマネのぼうやは眠くなりません。すると、ぼうやを眠らせてあげようと森の動物たちがやってきました。キツネはヒツジを数えることを教えたり、小鳥は子守歌を歌ったり、フクロウはお話を聞かせてあげたり……。でも、眠ったのは自分たちばかり。さあ、ヤマネのぼうやは眠ることができたでしょうか?

ヤマネのぼうやはねむれない!?

ヤマネのぼうやはねむれない!?

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かばさん 改訂版
    かばさん 改訂版
    作:やベみつのり 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    子どもと遊ぶときはいつだって全力投球!矢部太郎氏の父、やべみつのり氏の描く、最高に楽しい親子の絵本

ケルスティン・シェーネさんのその他の作品

ともだちタワー

若松 宣子さんのその他の作品

エルファード人からのメッセージ / 永遠の戦士ブル / 小さな悪い本 大人はスーパー危険 / 十戒の《マシン》船 / シャツェンの博物館 / 大どろぼうホッツェンプロッツ おたからゲームブック


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > ヤマネのぼうやはねむれない!?

Z会の小学生向け新教養書「99%シリーズ」の魅力を紹介!

ヤマネのぼうやはねむれない!?

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット