話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
ぐるぐるうごく しましまぐるぐる

ぐるぐるうごく しましまぐるぐる(学研)

赤ちゃんはうごくものが好き!累計250万突破の大人気シリーズから待望の新刊登場!

  • かわいい
  • ギフト
とりあえず とりの はなし

とりあえず とりの はなし

  • 児童書
作: おくはら ゆめ
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,320

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年11月10日
ISBN: 9784251038166

小学低学年
64ページ

みどころ

ニンゲンについて知りたくて仕方のない小さな「スズメ」のはなこ、まったく音を立てずに飛ぶことができる真面目な「メンフクロウ」のしろさん、ぽっかりぬまの近くに引っ越してきたばかりの「ヤマシギ」のやまさん。この愛らしく個性的なとりが主人公となる、お話三つ。

スズメのはなこの頭の中は「なんで?」「どうして?」でいっぱい。特にお母さんの言う「ニンゲンにちかづいたら、あぶない」「ニンゲンは、おそろしいいきものだから」という言葉は、半分はなんとなくわかるけど、半分は自分で確かめたいと思っているのです。そんなある日、はなこがニンゲンの家の中をながめていると……?

さらに続く、しろさんとやまさんのお話。それぞれが違う場所で起きている、ほんのささいな、でも不思議と心に残るエピソード。それははなこが出会ったニンゲンの女の子「はなちゃん」の描いた一枚の絵を通して、少しずつつながっていくのです。

おくはらゆめさんの新作童話は、小学校1年生の子にもじゅうぶんに楽しめる鳥の短編集。どのページにも、魅力的なカラーの絵がたっぷり。何度も読みたくなる、味わい深い1冊です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

おくはらゆめさんによる鳥の短編集です。「集」といっても小学1年生にもじゅうぶん楽しめるように、3話収録となっています。小さなはなこが主人公の「スズメのはなし」、まじめなしろさんが主人公の「メンフクロウのはなし」、やまさんと意外な友だちが主人公の「ヤマシギのはなし」。それぞれ、短い物語ならではのおもしろさがキラリと光ります。朝の読書の時間にもおすすめしたくなる、読みやすい1冊です。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


おくはら ゆめさんのその他の作品

あいたい あいたい あいうえお / じゅうにしどこいくの? / にげろ!どろねこちゃん / つっきーとカーコのたからもの / きつねのしっぽ / うさぎになったゆめがみたいの


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > とりあえず とりの はなし

出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報

とりあえず とりの はなし

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット