新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
家守神(1) 妖しいやつらがひそむ家

家守神(1) 妖しいやつらがひそむ家

  • 児童書
著: おおぎやなぎ ちか
絵: トミイマサコ
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,210

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年11月05日
ISBN: 9784577049839

小学高学年
188mm×128mm 208ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

母の再婚で拓が住むことになった古い家では、おかしなことが次々起こる。この家には、幽霊でも妖怪でもない〈なにか〉がいる…!家の守り神と少年拓が繰り広げる、エンタメシリーズ第1巻!

ベストレビュー

プロローグ

小6息子が読みそうかなと思った本。渡す前にさわりだけ読むつもりが気付けば読了(笑)
優しくて気遣い出来るいじめられっ子の主人公が、母の再婚を機に引っ越し&転校で、いじめから解放されたのだけど、不思議なことが身の回りで頻発するようになり・・・ということで、シリーズ第一巻だそうで、プロローグ的な内容だったと思います。
大きい盛り上がりは感じないものの、全体的に読みやすいです。家守神を通して、歴史の積み重ねの上に自分達が存在しているということ、その上で自分達はどうしていきたいのかを考える主人公の拓くん。いいお話でした。
(lunaさん 30代・ママ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • やきいもの日
    やきいもの日
    作・絵:村上 康成 出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
    秋のにおいが鼻の奥いっぱいに広がる、〈ようこそ自然へ〉シリーズ、秋の本。
  • おしょうがつバス
    おしょうがつバス
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    だれが一番に初日の出をみるか、眺めのいい丘まで、干支の動物たちが競争です。除夜の鐘を合図に、しゅっぱ

おおぎやなぎ ちかさんのその他の作品

SNSで繋がるあの人 /  家守神(2) 呪いの蝶がねむる蔵 / わくわく子ども俳句スクール(2) 俳句を楽しもう / わくわく子ども俳句スクール(3) 名句を味わおう / わくわく子ども俳句スクール(1) 俳句をつくろう / ぼくらは森で生まれかわった

トミイマサコさんのその他の作品

わたしのチョコレートフレンズ / 夢見の占い師 / イチから鍛える英語リスニング必修編 / まぼろしの薬売り


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > 家守神(1) 妖しいやつらがひそむ家

2022年1月の新刊&おすすめ絵本

家守神(1) 妖しいやつらがひそむ家

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット