宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
紙芝居 ばけばけ〜どん!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 ばけばけ〜どん!

  • 絵本
作: 谷地元雄一
絵: 夏目 尚吾
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年
ISBN: 9784494078561

3歳〜
B4判・26.5×38.2cm・8場面

出版社からの紹介

コンちゃんが、ばけるれんしゅうをしています。頭にはっぱをのせて、こしをふりふり。ばけばけ〜どん! みんなもやってみてね。

ベストレビュー

腰をフリフリ

小さい子向けおはなし会用にセレクト。
キツネの子ども、コンちゃんが化ける練習をしているのですが、
なかなかうまくいかないのですね。
お友だちもいっしょにやって、やっとできたと思ったら、おや、大変なことに。
でも大丈夫、最後はめでたしで終わります。
頭にはっぱを載せて、腰をフリフリ、「ばけばけ〜どん!」という掛け声が楽しいですね。
キツネが化けるって、まだ難しいかしら。
でも、この時期から、少し体感してもらったら、おはなしに移行した時の素地になりそうです。
どちらかというと、掛け声と、腰をフリフリ、楽しんでもらおうと思います。
(レイラさん 40代・ママ 男の子21歳、男の子19歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


谷地元雄一さんのその他の作品

やさいのおうさま / ちいくまちゃんとおおくまちゃん / これが絵本の底ぢから!

夏目 尚吾さんのその他の作品

紙芝居 ひそひそねずみとおばあさん / 紙芝居 とりのす みーつけた! / にこにこぴかぴかハ★ブラッシー / 紙芝居 かっぱばし / ライオンさんカレー / ねこさんスパゲッティ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その7

紙芝居 ばけばけ〜どん!

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット