話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
あかるいほうへ あかるいほうへ

あかるいほうへ あかるいほうへ

  • 絵本
詩: 金子 みすゞ
絵: きくち ちき
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,320

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年12月17日
ISBN: 9784577050170

173mm×173mm 24ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

「あかるいほうへ あかるいほうへ。」

くり返し何度も。声に出して読んでいるうちに、目線もあがり、気持ちも明るくなってくるのです。

「こんなにも、子どもの心を言葉に言い表せる大人の女性はいないだろうなと思います。」

そう語るのは、巻末でナビゲーターとして詩の魅力を語る女優上戸彩さん。「おやこでよもう!金子 みすゞ」は、小さな子どもたちから大人まで、ともに楽しめ金子みすゞの詩を10編、それぞれに画家が絵をつけた絵本シリーズです。本作では、みすゞファンを公言する人気絵本作家きくちちきさん。表題作の他、「私と小鳥と鈴と」「おさかな」などの詩の世界を柔らかなタッチで描きだします。

言葉のひびきを耳で楽しみ、絵を見て想像し、監修者の解説でその意味を味わって。そうやって絵本として何度も触れているうちに、金子みすゞの詩がいかに親しみやすく身近なものなのか、親子で体験できるのかもしれませんね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

おとなとこどもが一緒に楽しめる、金子みすゞ童謡絵本シリーズ。みすゞファンを公言する人気絵本作家きくちちきが、表題作ほか「私と小鳥と鈴と」「おさかな」など10編の詩をあたたかいタッチで描きます。2012年にドラマで金子みすゞを演じた女優上戸彩が、ナビゲーターとして詩の魅力を語るインタビューも掲載。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


金子 みすゞさんのその他の作品

ことりは こえだの てっぺんに / あるとき / ふうせん / もしも わたしが おはななら / 金子みすゞ童謡集 このみちをゆこうよ / 金子みすゞ童謡集 わたしと小鳥とすずと

きくち ちきさんのその他の作品

ともだちのいろ / いろいろかえる / おひさま わらった / でんしゃ くるかな? / しろとくろ / もじもじこぶくん


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学詩歌 > あかるいほうへ あかるいほうへ

愛を伝える絵本 レビューコンテスト

あかるいほうへ あかるいほうへ

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット