話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
ころころころ

ころころころ

  • 絵本
作: 元永 定正
出版社: 福音館書店

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ころころころ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

絵本クラブ
発行日: 1984年11月
ISBN: 9784834001112

読んであげるなら・2才から

1〜2歳 編集部おすすめ

年齢別絵本セット1歳向けベストセレクション

みどころ

「ころころころ」

小さな色玉たちが、ころころと転がっていきます。カラフルなかいだん道、でこぼこ道、さか道、あらしの道……どんな道でも、ころころとページの左から右へ転がっていきます。

「ころころころ」

いったいどこまで行くのでしょうね。ふわふわ雲みたいな道を転がっていったかと思うと、すべりだいではずみをつけて、着いたところは「終点」です。

美術家として活躍されながら、『もこ もこもこ』『がちゃがちゃ どんどん』など、人気の赤ちゃん絵本もたくさん生み出されてきた元永定正さん。不思議な吸引力で赤ちゃんたちの心をつかんでしまうのです。

この絵本に登場する小さな丸も、転がっているだけなのに、なんだかまるで生きているみたい。子どもたちは目で追いながら、耳で感じながら、指でたどりながら、その動きを存分に楽しみます。大人の方も、感じるままに、色々な声で「ころころころ」を表現してみれば、また世界が広がっていくのかもしれませんね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ころころころ

出版社からの紹介

さまざまな小さな色玉たちが、ころころころところがっていきます。子どもたちが自分の体でその動きを感じ、鮮やかな色の世界を楽しむ画期的幼児絵本です。

ベストレビュー

「しゅうてーん」がお気に入り

娘が0歳のときに色がきれいなのに惹かれて購入しました。

「ころころころ」ときれいないろだまがいろんな道を転がっていくのですが、
大人から見れば人生のように見えるかも。。。

そんなことは気にも留めず、娘はテンポのいい文章と、いろんな色の
きれいないろだまに釘付けです。

それまで「ころころころ」とテンポよくスイスイ転がっていたのに、
最後「しゅうてーん」で締められているところが、
何とも小気味いいです。

娘も特に最後の「しゅうてーん」がお気に入りの様子。
一応、始めからページをめくるのですが、やっぱり「しゅうてーん」が
早く聞きたいらしく、途中を飛ばして無理やり終点に行かされます。

単純に文章のおもしろさ、色彩のきれいさを楽しめるのはもちろんですが、
色や丸、「さかみち」「かいだんみち」などの地形なども覚えられるので、
いろんな楽しみ方ができる絵本だと思います。
(ちゅばこさん 30代・ママ 女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


元永 定正さんのその他の作品

あみだだだ / おおきいちいさい / おはなし しましょう / ココロのヒカリ /  / 大型絵本 ころ ころ ころ



出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

じいじ・ばあばの声 2人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット