話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
紙芝居 かりゆしの海
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 かりゆしの海

作・絵: まつい のりこ
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1989年06月
ISBN: 9784494075706

4・5歳〜
B4判・26.5×38.2cm・8場面

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

かりゆしの海……魚もサンゴも生きる沖縄のすばらしい海への思いを、
演じ手と観客が心をこめてとなえる言葉にこめて展開する。

ベストレビュー

ユガフ タボーリ

先日、お仕事で水中写真家鍵井靖章さんの写真展に関わり、
水中写真の素晴らしさに開眼したところだったので、思わずセレクト。
紙芝居の第一人者まついのりこさんが、水中写真家の横井謙典(けんすけ)さんの写真を題材に、
海に素晴らしさを語ります。
表紙で驚かされます。
白地に黒ペンで描かれただけの魚たち。
紙芝居ならではの、観客と一緒に唱え文句を言って、カラーの美しい水中写真が出現、
という趣向です。
なるほど、これなら、カラー写真の美しさを実感できますね。
唱え文句は「ユガフ タボーリ」。
沖縄の言葉で、「幸せがやってきますように」だそう。
ちなみに「かりゆし」は「めでたいこと、えんぎのよいこと」という意味。
沖縄の素晴らしい海のことを「かりゆしの海」と表現してあるのが素敵です。
やはり夏に演じると雰囲気ぴったりです。
小学校で夏休みに行われるお祭りの演目の一つとして、演じてきます。
児童たちが沖縄の海の世界を体感してくれますように。
(レイラさん 40代・ママ 男の子18歳、男の子16歳、)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


まつい のりこさんのその他の作品

となえて おぼえる 漢字の本 小学1年生 改訂4版 / となえて おぼえる 漢字の本 小学2年生 改訂4版 / となえて おぼえる 漢字の本 小学3年生 改訂4版 / となえて おぼえる 漢字の本 小学4年生 改訂4版 / となえて おぼえる 漢字の本 小学5年生 改訂4版 / となえて おぼえる 漢字の本 小学6年生 改訂4版


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > 紙芝居 かりゆしの海

【連載】第4回『かみさまのベビーシッター』 幸介くん&ボンテン様インタビュー

紙芝居 かりゆしの海

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット