新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

花をさかせたがらない小さなキャベツ フランスのおはなし

花をさかせたがらない小さなキャベツ フランスのおはなし

  • 絵本
作: 中脇 初枝
絵: うえのあお
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,870

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2022年02月26日
ISBN: 9784039604408

3〜5歳
290mm×240mm 32ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

「むかし、ある家に、花をさかせたがらない 小さなキャベツがありました」と始まるフランスの昔話。その家のお母さんが、アントワネットちゃんに「小さなキャベツにお水をやっておくれ」とたのむと、アントワネットちゃんは「いやだよ。お散歩するほうがいいもの」。

そこでお母さんは子犬に「アントワネットちゃんにかぷりとかみついておくれ」「お水をやってくれないから、小さなキャベツが花をさかせてくれない」と言いますが、子犬も断ります。そこでお母さんは、小枝のところへ、次は火のところへ行きますが、次々に断られ……。

これは昔話によくある、出来事がどんどんつながっていく、だんだん話とか累積譚(るいせきたん)と呼ばれるもの。「かみついて」なんて聞くとこわそうですが、大げさなやりとりや出来事の連なりを、子どもは面白がります。だって、お母さんが子犬、枝、火、肉屋……ついに死神のところまで行くのは「キャベツに水をやってほしい」というその1点なのです。お手伝いの話が、死神まで到達してひとまわりして戻ってくるおかしさは、昔話ならではですね。

ヨーロッパにはさまざまなだんだん話があり、グリム童話絵本で著名なフェリクス・ホフマンによる『ヨッケリなしをとっといで』(架空社より2000年刊、現在は絶版)、人気作家スズキコージさんの『ひつじかいとうさぎ』(福音館書店「こどものとも」1975年刊)もよく似た形式のものです。わが家では子どもたちが大好きで、本書を読んで、ほかにもどんなだんだん話があるのか探してみたいと、わくわくしています。

本書は「女の子の昔話えほん」シリーズの1冊。男性主人公が多い昔話の中で、女性がお話の主役となるさまざまな伝承を集めているのが特徴。お話自体は、男女関係なく楽しめます。
絵を描いたのは、本書が絵本デビュー作となる、うえのあおさん。やさしい色合いと、登場人物の表情にも注目してみてくださいね。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

おてつだいをしたくない女の子と、
おてつだいをしてもらうために、どこまでもでかけるおかあさんが主人公!

女の子がキャベツに水やりしたくないといったので、
おかあさんは、子犬や小枝、火や水と、いろいろなものに、たのみにいきます。
最後にでてくるのは、なんと……!?
フランスにつたわる「だんだん話」の昔話が絵本になりました。


:::::::::::::::::::::::::
むかし、あるいえに、花を さかせたがらない
小さなキャベツが ありました。
あるひのこと、そのいえのおかあさんは、
アントワネットちゃんにたのみました。
「アントワネットちゃん。小さなキャベツにおみずをやってちょうだい。」
ところが、アントワネットちゃんはいいました。
「いやだよ。おさんぽするほうがいいもの。」
そこで、おかあさんは、こいぬのところへいきました。

(本文より)
:::::::::::::::::::::::::

昔話の主人公は男の子ばかり?
そんなことありません!

世界と日本で語りつがれてきた
女の子と、大きくなった女の子たちの昔話を
絵本にして、おくります。
いろんな女の子が主人公の絵本シリーズです。

花をさかせたがらない小さなキャベツ フランスのおはなし

花をさかせたがらない小さなキャベツ フランスのおはなし

花をさかせたがらない小さなキャベツ フランスのおはなし

ベストレビュー

なんというお母さんでしょう

すごい飛躍の連鎖に驚くばかりのお話です。
小さなキャベツへの水やりを拒んだ娘に対して、お母さんは小さなお仕置きを思いつきました。
お仕置きを頼まれた小犬がそれを拒んだために、お母さんは小犬にもお仕置きを考えるのです。
この連鎖は、お母さんが死神に殺人を依頼するまでにエスカレートします。
事態は遡りを始めて、小さなキャベツへの水やりをすることができました。
結果オーライの笑い話ではあります。
でも、こんなモンスターのようなお母さんを想像すると、身の毛がよだちます。
どうしてお母さんは自分で水やりをしないのでしょう。
お仕置きとしつけは別物です。
この寓話を笑ってばかりいられないのは、考えすぎでしょうか。
些細なきっかけの蓄積が、子どもの虐待死にいたらせた事件を思いおこしてしまいました。
大人にとっては意味深い絵本です。
(ヒラP21さん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


中脇 初枝さんのその他の作品

おだんごころころ 日本のおはなし / マーヤのさるたいじ 日本のおはなし / わたしがテピンギー ハイチのおはなし / ちからもちのおかね 日本のおはなし / あかいくつ / アルプスの少女ハイジ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > 花をさかせたがらない小さなキャベツ フランスのおはなし

2022年5月の新刊&おすすめ絵本

花をさかせたがらない小さなキャベツ フランスのおはなし

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット