話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
きみはすばらしい いまのアリとキリギリス

きみはすばらしい いまのアリとキリギリス

  • 絵本
作: のぶみ 武田 双雲
出版社: 東京ニュース通信社

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2022年03月10日
ISBN: 9784065275559

3〜5歳
36ページ

出版社からの紹介

のぶみ×武田双雲がおくる、自分の人生を「自分であるために生きる」という新しい解釈の「アリとキリギリス」の絵本。

寓話の中で、死んでいるキリギリスのことをアリのお母さんは「遊んでばかりいるとこうなってしまう」と子どものアリに諭す。幼馴染だったキリギリスと無心で遊んでいた頃を思い出す子どものアリ。
そして成長していくアリとキリギリスは、やがて仕事への生きがいや人生観を、異なる価値観によって分断され、それぞれの道を生きていくことになる。
その後、苦しみや、悲しみ、無力感を感じたとき、立ち止まりふと考える。
「子どものころ、砂場で遊んでいだときは、あんなに楽しかったのに」「人生に苦しみって必要?」という問いかけから、多種多様な人生の選択を超えて、生きることの真理を見出す。

自分の人生を「自分であるために生きる」という意味を改めて考えさせられる、現代に合った新しい「アリとキリギリス」の絵本。

ベストレビュー

分析しすぎ遊びすぎ

面白い絵本ではあります。
あの「アリとキリギリス」を深掘して、生きることのあり方まで考えさせてくれます。
でも、細かく描かれた様々なシーンは、真剣味から離れてしまったようで、残念です。
書道家の武田双雲さんの名前があったので手に取りましたが、日ごろ目にする大書ではなくて、小筆で遊んでいるようで、存在感があまりないのにはちょっと驚きました。
「アリとキリギリス」は、アリの生き方とキリギリスの生き方について、色々考えてほしい寓話なだけに、この絵本の取り組みには疑問符が加わります。
(ヒラP21さん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かばさん 改訂版
    かばさん 改訂版
    作:やベみつのり 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    子どもと遊ぶときはいつだって全力投球!矢部太郎氏の父、やべみつのり氏の描く、最高に楽しい親子の絵本

のぶみさんのその他の作品

ぼくのトリセツ / 胎内記憶図鑑 / パンタン6ぴき いうこときかない / 3ぷんでねむくなるえほん / すごい人ほどぶっとんでいた!オタク偉人伝 / パンダのパンツちゃん

武田 双雲さんのその他の作品

書の道を行こう / しょぼん(書本)ひらがな / 書本漢字


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > きみはすばらしい いまのアリとキリギリス

一生モノの金銭感覚をZ会の「99%シリーズ」で身につけよう

きみはすばらしい いまのアリとキリギリス

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット