新刊
さかなくん

さかなくん(偕成社)

水の外の小学校に通うには、準備がいります。

  • かわいい
  • ためしよみ
新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

アフガニスタンのひみつの学校 ほんとうにあったおはなし

アフガニスタンのひみつの学校 ほんとうにあったおはなし

  • 絵本
作: ジャネット・ウィンター
解説: 清末 愛砂
訳: 福本 友美子
出版社: さ・え・ら書房

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2022年03月16日
ISBN: 9784378015309

小学低学年
285mm×238mm 40ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「今もアフガニスタンの地で、自分たちの権利を必死で守ろうとしている女性たちがいることを、どうかわすれないでください」
――解説・清末愛砂(室蘭工業大学大学院教授、アフガニスタンにおける女性人権問題研究家)

かわいそうに、まごむすめのナスリーンは、
学校に行くことをきんじられ、両親をタリバンの兵士に連れていかれ、
ひとことも口をきかなくなりました。
これはなんとかしてあげなければなりません。
そのころ、あるうわさを耳にしました。
家のそばの通りにある、みどり色の門。
そこには学校が……女の子のためのひみつの学校がある、と。

ナスリーンの心のまどをひらきたい―――おばあちゃんの願いと、勇気と、「ひみつの学校」が、小さな奇跡をよびおこす。
今から20年ほどまえのアフガニスタンで、ほんとうにあったおはなしです。

ベストレビュー

過去形ではとらえたくない事実

今から20年前に本当にあった話として語られるこの事実が、決して過去ではないことを誰もが知っています。
誰もが知らなければいけないと思います。
父親が兵士に連れ去られ、母親も父を探しに出かけて戻ってこないナスリーンのお話です。
女性は学校に行ってはいけないという、タリバン政策によるお話です。
ひみつの学校で、ナスリーンはやっと閉ざされていた心を開くことができたという、美談的な結末です。

でも、でも、アフガニスタンの現在は、その疎ましい過去の状態に戻ってしまいました。
解放されたはずの女性は、再び昔に押し戻されてしまいました。

今、世界はウクライナに目が向き、内政としてのアフガニスタンから離れているかも知れません。
でも、アフガニスタンの混乱が、1970年代のソ連軍の侵攻に端を発していることまで遡ったら、同様のことがウクライナで起ころうとしているかも知れないと、思わずにいられません。

この絵本から、犠牲者は未来を担う子どもたちであること理解しなければいけないと痛感しました。
(ヒラP21さん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジャネット・ウィンターさんのその他の作品

わたしたちの家が火事です 地球を救おうとよびかけるグレタ・トゥーンベリ / この計画はひみつです / マララとイクバル パキスタンのゆうかんな子どもたち / いつもみていた ゆめをかなえた女の子 ジェーン・グドール / ろばのとしょかん コロンビアでほんとうにあったおはなし / ワンガリの平和の木

福本 友美子さんのその他の作品

ボードブック はたらくくるまたちとちいさなステアちゃん / ボードブック はたらくくるまたちのかいたいこうじ / ニッキーとヴィエラ ホロコーストの静かな英雄と救われた少女 / ほしのおうじさま / はたらくくるまたちのどうろこうじ / おさるのジョージ うんどうかいにでる


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > アフガニスタンのひみつの学校 ほんとうにあったおはなし

2022年6月の新刊&おすすめ絵本

アフガニスタンのひみつの学校 ほんとうにあったおはなし

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット