話題
うたまるごはんのかんたんフリージング離乳食・幼児食

うたまるごはんのかんたんフリージング離乳食・幼児食(学研)

「ちゃんと作りたい」あなたに贈る、簡単でおいしい離乳食&幼児食の教科書!

  • かわいい
  • 役立つ
新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

少年の恋

少年の恋

  • 児童書
著: 太田征宏
絵: 牧野 鈴子
出版社: 銀の鈴社

税込価格: ¥1,760

「少年の恋」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2022年02月03日
ISBN: 9784866181233

小学中学年
112ページ

出版社からの紹介

<新刊モニター感想>
・著者の体験談のようでいて、体験に基づく創作ということです。終戦後の、今の銀座周辺が舞台です。どの話も、それぞれに楽しめます。抜群の記憶力で、なかなかの筆力です。「初めての美術館探検」は、芸術的な手法の文章です。「クラシックの音楽会探検」は、お姉さんの恋心が汲み取れる、都会風の一編です。「とらさん」は、ちょっとしんみりさせられて、変わった味わいのある作品です。最後の三編は、実らなかった、幼い恋心です。
(S.K.70代・男性)

・戦後の日本はどこもこの小説のように幸夫少年のような家族が多かったと思う。主人公より少し若いが、父や母の話からその様子を伺うことができた。
 父や母は幸夫少年より良い生活だったと思われるが、当時の服装や昼食の時間の話を聞くと、靴が買えない家が多かったので、体育の時間は裸足だったとか、お弁当を持って来られないので、その時間になると決まって姿を消すとか、と言ったことだ。また、戦争による家族の状況に変化があったので、田舎の親族を頼って生まれ育った土地を離れ、移り住んで来た人が多かったとも聞いた。幸夫少年の話は、父や母の話の知らない部分を詳細に語り、また、補ってくれた。
 物語のひとつひとつが、勇気づけられ、しかし、悲しくもあり、切なくもあり、現代とは違った人間模様に強く惹かれた。
(グレ子・女性)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


太田征宏さんのその他の作品

少年の日 やけあとの銀座から

牧野 鈴子さんのその他の作品

おはいんなさいえりまきに / 母さんのシャボン玉 / さくらはおよぐ? / しあわせのおうじ / ふたりは屋根裏部屋で / クッキーとコースケ 犬と走る日



2022年6月の新刊&おすすめ絵本

少年の恋

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット