話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
ワニのガルド

ワニのガルド(偕成社)

おーなり由子が描く、さびしい人だけに見えるワニと女の子のお話。

  • ためしよみ
13枚のピンぼけ写真

13枚のピンぼけ写真

  • 児童書
著: 古山 拓 キアラ・カルミナーティ
訳: 関口 英子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,870

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2022年03月19日
ISBN: 9784001160369

中学生から
240ページ

出版社からの紹介

第一次世界大戦時の北イタリア。父と兄たちが戦場へいったあと、13歳のイオランダと妹は、母親とも離ればなれになってしまう。戦争が激しくなるなか、家族の秘密を知った姉妹は、祖母を探す危険な旅を決意する……。もつれた家族の糸をほぐし、生きる力をつかみとっていく少女の感動の物語。ストレーガ賞児童書部門受賞作。

■三辺律子さん推薦コメント
 写真は雄弁に語る――というけれど、ぼやけた背景にまで注目する人は少ない。しかし、この物語は、写真の片隅に写った人、レンズから目を背けている人、元が何かもわからない瓦礫や、灰が舞うだけの空など、これまで背景にすぎなかったものにピントを合わせる。
 レンズの役割をするのは、北イタリアの片隅で暮らす13歳の少女イオレ。第一次世界大戦が始まった1914年から18年まで、イオレの目はさまざまなものをとらえつづける。「手柄を刻む」ために戦争へいく兄、村人に嫌がらせをする兵隊、毅然とはねつけたためにスパイ容疑をかけられる母親、味方の不注意で燃えあがるウーディネの町、必死でイオレと妹を守ってくれる盲目のアデーレおばさん、大きなお腹を抱えて逃げる女性、大人たちが言う「ケダモノ」には見えなかった敵兵……
 ピントを合わせるところを変えるだけで、公の場で語られてきたものとは別の歴史が浮かびあがる。女性や子どもにもっとカメラを手渡せと、この物語は叫んでいる。

13枚のピンぼけ写真

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ぼんさいじいさま
    ぼんさいじいさま
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ある春の日に訪れた、最期の一日。 ぼんさいじいさまのまわりには沢山のありがとうとさよならがありました

古山 拓さんのその他の作品

川があふれた!まちが沈んだ日 生きる力をくれたキジ馬くん / 5つの風の絵ものがたり(全5巻) / 絵本版 海の見える丘 / 交響曲「第九」 歓びよ未来へ! 板東俘虜収容所 奇跡の物語 / あなたの一日が世界を変える[日英対訳] Your day will change the world[Japanese and English] / しゅるしゅるぱん

関口 英子さんのその他の作品

気候変動 何がおこる? 何ができる? / きょうはだめでもあしたはきっと / 梨の子ペリーナ イタリアのむかしばなし / 靴ひも / 桜の木の見える場所 / 最後の手紙


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学小説 > 13枚のピンぼけ写真

20周年記念えほん祭 ベストボロボロ絵本コンテスト受賞者決定!

13枚のピンぼけ写真

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット