ロングセラー
ぴよちゃんとひまわり

ぴよちゃんとひまわり(学研)

道徳の教科書にも掲載されている、命を慈しむ心をはぐくむ絵本です。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ
あかちゃんがきた!

あかちゃんがきた!

  • 絵本
作: サトシン
絵: 松本 春野
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2022年03月29日
ISBN: 9784752010067

3歳から
32ページ 25cm×19cm

この作品が含まれるテーマ

みどころ

ある日、お母さんに言われたんだ。「もうすぐ あかちゃんが うまれるの。けんちゃんに きょうだいが できるのよ」って。けんちゃんは、いつあかちゃんがうまれるのか、楽しみでしかたありません。
そしてついに……ぼくんちに、あかちゃんがきた!

玄関であかちゃんをむかえるけんちゃんの姿。待ちきれずに、靴下で玄関へ飛び出しています。お母さんは、しばらく離れていたけんちゃんにむかって手を広げています。家族の特別な瞬間が、やわらかい光の中で、描かれています。

「あなたのいもうとよ」って言われて、ドキドキしながら、そっと頭をなでるけんちゃん。やわらかいほっぺをこちょこちょすると、あかちゃんも、お兄ちゃんのゆびが気持ちよさそうですよ。ゆびを差し出すときゅっとにぎり、ちゅっちゅっと吸われちゃった! お兄ちゃんになり、はじめてあかちゃんに出会う感動が描かれます。

わが家の小学生がしみじみこの本をながめて「いいなあ」と何とも言えない顔でつぶやいていました。普段はケンカばかりだけど、あかちゃんだった弟と初めて会ったときのこと、思い出しているのかもしれません。

200人以上のお母さんたちに話を聞いて作った絵本『おかあさんだもの』などの著作があるサトシンさんの文に、愛情あふれるタッチで絵を描いたのは松本春野さん。まだ何もわからない様子のあかちゃんが、お兄ちゃんと交流してだんだん変化していく姿に、ぐっと心を動かされます。表情が出てきたあかちゃんは、本当にかわいい!

これからあかちゃんに会う子にも、あかちゃんだった子どもたちにも、読んであげてくださいね。


(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

赤ちゃんがうちに来て、ぼくはお兄ちゃんになった。赤ちゃんの頭をなでなでしたり、ほっぺをこちょこちょしたり…。でも急に泣き出してびっくりしちゃった。初めてお兄ちゃんになった喜びや戸惑いを描く幸せあふれる絵本。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


サトシンさんのその他の作品

おすしがすきすぎて / おおきなかべがあったとさ / またまたうそだあ! / かけだしたイス / みんなありがとう / ふたごだよ

松本 春野さんのその他の作品

バスが来ましたよ / はるくん と るいちゃん はじめてのパンケーキ / ことりは こえだの てっぺんに / ねずみのリンのフィギュアスケート / もしも わたしが おはななら / そらののはらのまんなかで


絵本ナビホーム > > あかちゃんがきた!

みんなで参加しよう!えほん祭

あかちゃんがきた!

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット