ロングセラー
ぴよちゃんとひまわり

ぴよちゃんとひまわり(学研)

道徳の教科書にも掲載されている、命を慈しむ心をはぐくむ絵本です。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ
新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

学校はうたう

学校はうたう

  • 絵本
作: 杉本 深由起
絵: 松田 奈那子
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2022年04月19日
ISBN: 9784251099549

小学低学年
237mm×187mm 35ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

校門や机、給食にチャイム。
学校にあるいろんなものが、生き生きと気持ちを歌い出したら、どんなに楽しいかしら!
そんな楽しい思いつきを心地良いリズムでつづった杉本深由起さんの詩と、自由に伸びやかな線と色で描かれた松田奈那子さんの絵が、イメージたっぷりに「学校の楽しさ」を伝えてくれる1冊。

「きみの くつをいれるのは 一だんめの 右から三ばんめ」
と靴箱がやさしく子どもを迎え入れ、
「ほら いそげ トイレは すぐそこ」
と、廊下が子どもを励ましてくれる。
友だち口調や独り言、物語風と、手を変え品を変え綴られた詩。子どもたちを見守るたくさんのまなざしと励ましなどの気配が、学校にはあふれているようです。

詩の一編ごとに文字の形や配置が微妙に変えてあって、それぞれに違うリズムを奏でているのも注目! パッとページを開いたときに、「どんな風に読んだらいいのかな?」と子どもも大人も想像して楽しみ、時に歌って楽しみましょう♪

(中村康子  子どもの本コーディネーター)

出版社からの紹介

教室の机が休んだ子を思い、靴箱が季節を感じ、給食はメニューを当ててと声を上げ、ランドセルは一日あったことを問いかける…。学校にあるものたちが、感じていること、伝えたいことを詩でアピール。子どもたちに、まわりのあらゆるものには命があると気づかせてくれ、それらが発信するメッセージを、多彩なタッチで描いた絵で豊かに伝える。学校に見守られている気持ちになれる詩の絵本。巻末には作者による作品解説を掲載。

ベストレビュー

これは発想が素晴らしい、心地よい本です

この本を読ませて頂いて、とても感動しました。これは発想が素晴らしい、心地よい本です。私は学校にひじょうに関心があります。我が家の隣は中学校だということもあります。中学校の裏門の広い道路に面した所が我が家であり、毎日、学生さんを見ています。私はこの本を読んで、まず何よりも発想があまりにも素晴らしいと思いました。
(水口栄一さん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


杉本 深由起さんのその他の作品

漢字はうたう / あのこもともだちやまだまや まじょとうらないのまき / さかだちしたってやまだまや おしゃべりがまんのまき / わたしのなまえはやまだまや にんじゅつしゅぎょうのまき / 漢字のかんじ / ぽととんもりの ゆうびんきょく

松田 奈那子さんのその他の作品

ゆきのようせい / ぱったんして / ねこは すっぽり / ふーってして / おばけきょうだい はじめてのハロウィーン / どたんばたん おるすばん



みんなで参加しよう!えほん祭

学校はうたう

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット