新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

新刊
学研の図鑑LIVE 昆虫 新版

学研の図鑑LIVE 昆虫 新版 (学研)

掲載数No1!3歳から大人までずっと使える本格図鑑の新定番!!

  • 学べる
  • 役立つ
おとうさんのぼり

おとうさんのぼり

  • 絵本
作: くすのき しげのり
絵: 北村 裕花
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2022年04月14日
ISBN: 9784052053603

3〜5歳
264mm×218mm 32ページ

みどころ

転んでケガをして、元気のないじいちゃんに会いに行った、こうたろう。じいちゃんを励まそうと、学校で“昔の遊び”を調べた話をします。するとじいちゃんも、お父さんも、こうたろうと同じ遊びをしていたことがわかるんです。それは……「お父さんのぼり」!
お父さんの足から肩まで、子どもが手足をつかってよじ登る遊びで、なかなかスリルがあります。

じいちゃんの前で、お父さんによじ登るこうたろうを見ていたじいちゃんは、「わしも やってみるか」と言い出します。じいちゃんに背中にしがみつかれた、お父さんの複雑な表情。じいちゃんの笑顔。そして、こうたろうがじいちゃんと交わした約束は……?

おはなしを書いたのは、子どもの気持ちをテーマにした作品を多数手がけるくすのきしげのりさん。絵は『てのりにんじゃ』(ひさかたチャイルド)や『ゴリラさんは』(講談社)で子どもたちに人気の北村裕花さんです。本作品には、親子三代のふれあいが描かれています。

前後の見返しのページには、「お父さんのぼり」や「お母さんのぼり」を楽しむための参考ポーズや、注意点が描かれています。絵本を読んだあとは、親子でやってみるのもよいですね。
道具は何も必要なし。お互いの体と体だけで、いつでもできる。時代や世代を超えて、同じ親子遊びを楽しめるっていいなあと思える絵本です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

ぼくは、おとうさんにのぼるのがだいすきだ。
おとうさんの手をしっかりにぎって、しがみついて…。
おとうさんにのぼっていく。そして最後はいっしょにポーズを決めるんだ! 

今しかできない、楽しくて愛おしい親子のふれ合いあそび。
幸せを体感させてくれる親子三世代の物語。


【出版社からのコメント】
ふと気づくと、子どもの靴や洋服のサイズが変わっていて、
抱き上げた時の重さが「あれ?結構ずっしり」。という経験はありませんか。
そんな子どもの成長を体感した時は、時間の流れの早さに驚き、うれしいような、
さみしいような気持ちになります。

この「おとうさん のぼり」は、子どもの成長が大きく変わらないうちに、
また、のぼられるお父さん・お母さん側の体力があるうちにしかできない限定あそびです。
お父さん・お母さんをひとり占めして、お父さん・お母さんを何かの乗り物や生き物などに
見立ててあそべる、とっても特別なあそびです。

子どもはこのあそびを通して、「よし!のぼるぞ!」「やってみるぞ!」という
やる気がぐんぐんあふれ、「できた!」という喜びや自信を味わうことができるでしょう。

ぜひ、親子のかけがえのないふれ合いあそびを
絵本の世界で、または現実の世界で味わってみませんか?

ベストレビュー

素敵なふれあい「遊び」

父子遊びの紹介かな?
と、思ったら
それはもちろんですが
親子3代の「遊び」を通しての絆といいましょうか
ふれあいというのでしょうか
とっても簡単なことだけど
こんな素敵な思い出につなげられるんだなぁ〜と
しみじみ思います

おじいちゃん、ちょっと認知症が入っているようで
けがして入院した場面から始まります
こうたろうくんのことを
お父さんの名前と間違ったり
間違いを指摘すると、ちょっとさびしそうだったり

こうたろうくんとお父さんの
「おとうさんのぼり」を見て
おじいちゃんは、
昔のこうたろうくんのお父さんのお父さんに
戻れるのかもしれません

認知症になって不安な気持ちのおじいちゃんを
励ますというより
心を和らげる家族の様子にほっこりします

おとうさんにのぼらなくても
向き合って、手をつないで
くるりんと回る遊びって
子どもって何回も何回もやりたがりますよね

簡単なものから
難しいものにも挑戦することも大切ですよね

道具もいらない遊び
成長もお互いに感じあえますし
なんたって、「ふれあい」=安心・安定

お父さんがおじいちゃんをおんぶして
涙ぐむのに、共感してしまうのも
年齢と共に、、どちらに共感するかで
また、違ってくるかもしれません

来月は、父の日が待っていますよ!
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


くすのき しげのりさんのその他の作品

わたし、わすれものが おおいです / ともだち / 3かい なかしたろか / いち・にの・さんかんび / ぼくらは少年鑑定団! 発見! 謎の縄文土器 / だいじょうぶかな いちねんせい

北村 裕花さんのその他の作品

すいか ごろごろ / クロケのジャムとももふか草 / ゴリラさんは /  紙芝居 ウイルスに まけないぞ! / フートンのおふとん / なつのキリンピック


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 教育 > おとうさんのぼり

みんなで参加しよう!えほん祭

おとうさんのぼり

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット