話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

本おじさんのまちかど図書館

本おじさんのまちかど図書館

  • 児童書
作: ウマ・クリシュナズワミー
訳: 長友 恵子
絵: 川原 瑞丸
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2022年05月20日
ISBN: 9784577050583

小学中学年
220mm×160mm 152ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

ぴったりの日に、ぴったりの人に、ぴったりの本を。それが、本おじさんのモットー。

広いインドのちいさな街角、そこに、本おじさんの「まちかど図書館」はあります。板の上に積まれた本と、寄付のお金を入れるための小さなブリキ缶。そして色あせた看板には、こんな言葉。

「本の貸しだし無料
一さつ返して
一さつ借りよう
読もう 読もう もっともっと読もう!」

本を読むことが大好きな女の子ヤズミンは、まちかど図書館でイチバンの常連さん。八歳になったその時から、本おじさんが勧めてくれる「ぴったりの日のぴったりな本」を一日一冊読み進め、なんとその数四百冊!

「最高!
インドで、このまちかど図書館よりいい図書館なんてある?」

ところが、そんなまちかど図書館が大ピンチに! 市の決定により、許可証をとらなければ図書館をひらけなくなってしまったのです。でも、許可証をとるためのお金はなくて……。

「一日一さつ本を読んできて、四百二日。今日は読む本のないはじめての日になった」
ヤズミンはまちかど図書館を守るために何かできないかと、頭を悩ませます。
町中にあふれる、市長選の選挙ポスター。だれかが市長に宛てて書いたという、まちかど図書館に関する苦情の手紙。そして、本おじさんが選んでくれた、心から離れないインドの童話。悩む少女を取り巻くそれらがひとつに絡み合い、やがて、ヤズミンはおどろきのアイデアを思いつきます。

読もう、読もう、もっともっと読もう! なんて楽しくて、エネルギーにあふれた言葉なんでしょう! 本を心から愛する少女が、自分の正しいと思うことのために立ちあがり、おとなやその社会に堂々と立ち向かう。その姿に心熱くなる一冊です。

なんで、子どもに選挙権がないの? 映画俳優に投票することに、問題なんてある? おとなは、当選したら約束をやぶるの?
なんにでも興味を持ち、するどい観察力でおとなたちと社会とを見つめる、ヤズミン。彼女がいだくおとな社会に対する素朴な疑問は、あどけなさがありながらも、痛烈で、痛快です。そんなヤズミンがときに九歳らしく悩み、怯えながらも、愛するもののために戦う姿を読めば、誰しもいつの間にか、拳に力を入れて彼女のことを応援しているはず。

また、九歳の少女の視点から描かれる、日本とはなにもかもが違うインド文化もみどころです。山盛りの洋服の前、石炭を使ったアイロンでシワを伸ばすアイロン屋。グァバやバナナを山盛りにして売る、果物売り。クラクションを鳴らしまくるスクールバスに、道路をゆきかう三輪タクシー。そして学校のお昼休み、ガジュマルの木の下で食べるお弁当。細かな描写のひとつひとつにも異国情緒があふれ、インドの下町、その雑然としていておおらかな空気が、行間から匂い立つようです。

まちかど図書館を守るために奮闘するヤズミンでしたが、どんな道にも困難はつきもの。そんなヤズミンに力を与えてくれるのは、やっぱり、本おじさんの本でした。

「あのとき、本おじさんは、ぴったりの日にぴったりの本だと教えてくれた。
今日が、その日だ。これが、その本だ。」

社会と自分との関係を見つめ、できることを考えて行動を起こす。そんなヤズミンの姿勢に、これからの時代に大切な生き方についてのメッセージが込められた物語です。

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

声を上げよう! 大好きなこの図書館を守るために──

インドに住むヤズミンは、本が大好きな女の子。本おじさんの〈まちかど図書館〉で本を借りるのが、毎日の楽しみだ。ところが、何者かの通報により、本おじさんは図書館を続けられなくなってしまう。本おじさんを助けたいヤズミンは、読んだ本と市長選挙をヒントに、あることを思いつく……。

ひとりの女の子が社会を動かす!
勇気と希望にみちたストーリー

*行動力、読書の力、選挙、異文化、SDGs(小さな図書館の活動など)…
 これからの時代に大切なテーマがえがかれた作品です。

ベストレビュー

応援したくなります。

小学校中学年の読書にぴったりな児童書です。
図書館に最近よく癒されている者としては、応援したくなるすyトーリーです。
主人公の女の子の行動力には頭が下がる思いです。
こういう力って本当に素晴らしいですね。
多くの子供達に読んでほしい1冊に思いました。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • アイスゆうえんち
    アイスゆうえんちの試し読みができます!
    アイスゆうえんち
    出版社:ニコモ ニコモの特集ページがあります!
    ”つめたいおきゃくさま”しか入れない”アイスゆうえんち”。どんな楽しいことが待っているかな?

長友 恵子さんのその他の作品

住所、不定 / 不思議の国のアリス Alice’s Adventures in WONDERLAND / ビアトリクス・ポターの物語 キノコの研究からピーターラビットの世界へ / ヤーガの走る家 / ピーターラビットのクリスマス 25の物語のアドベント PETER RABBIT CHRISTMAS / ぼくだけのぶちまけ日記

川原 瑞丸さんのその他の作品

フレーズで楽しく! はじめての英語えほん / TA−DAH! / OH NO!


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学小説 > 本おじさんのまちかど図書館

20周年記念えほん祭 ベストボロボロ絵本コンテスト受賞者決定!

本おじさんのまちかど図書館

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット